• 温泉
  • FamousSpots
  • CentralArea

岩が自慢 -東川の天人峡温泉-

2014/5/13

天人峡温泉

天人峡温泉は旭川市の南東部にある東川町の温泉地。天人閣とお宿敷島荘の2軒の温泉宿があります。大雪山国立公園の中にあり、層雲峡と同様に柱状節理の渓谷に囲まれ、秋には大雪山系の紅葉が楽しめるスポットです。大雪山系への登山口であり、羽衣の滝や敷島の滝が有名。あまつ岩、見返り岩、涙岩といった奇岩も見ることができます。しかし、道路が土砂崩れにより、現在は羽衣の滝と敷島の滝を残念ながら観光できません。

▼あまつ岩
東川の天人峡温泉 あまつ岩
▼見返り岩
東川の天人峡温泉 見返り岩
▼涙岩
東川の天人峡温泉 涙岩

▼羽衣の滝の様子

▼敷島の滝の様子

▼あまつ岩の様子

天人閣

天人閣は1900年に創業した老舗ホテル。岩風呂と見返り岩の2つの浴場があります。時間によって男女の浴場が入替えられますが、日帰り入浴の場合、男性は岩風呂、女性は見返り岩で入浴することが可能です。私は岩風呂で入浴しました。ここの特徴はなんと言っても洞窟のような岩でしょう。内風呂に岩肌がドンと横たわっています。こういう光景を見たことがないので、結構珍しい作りなんじゃないでしょうか。

▼建物の外観
東川の天人峡温泉 天人閣
▼ロビー
東川の天人峡温泉 天人閣

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

浴場には露天風呂が1つ、内湯が2つある他、飲泉所も設置されています。ただ、残念ながら飲泉所からはお湯が出ていませんでした。ひょっとしたら、時間帯によってお湯が流れだすのかもしれません。露天風呂は開放感があり、すぐ側には忠別川が流れています。天気が良ければもっと気持ちがよさそうです。

▼岩風呂:脱衣所
東川の天人峡温泉 天人閣
▼岩風呂:内湯
東川の天人峡温泉 天人閣
▼岩風呂:内湯
東川の天人峡温泉 天人閣
▼岩風呂:内湯からの眺め
東川の天人峡温泉 天人閣
▼岩風呂:露天風呂
東川の天人峡温泉 天人閣
▼岩風呂:忠別川が側で流れる
東川の天人峡温泉 天人閣
▼岩風呂:露天風呂
東川の天人峡温泉 天人閣
▼岩風呂:露天風呂からの眺め
東川の天人峡温泉 天人閣
▼岩風呂:温泉成分が沈殿している
東川の天人峡温泉 天人閣
▼岩風呂:温泉成分が石化して針のように
東川の天人峡温泉 天人閣
▼岩風呂:露天風呂からの眺め
東川の天人峡温泉 天人閣

お湯はナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉で、淡黄色、混濁、金気味、無臭。温泉成分は3.141gです。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。岩風呂の脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置されています。宿泊も可能です。

▼岩風呂:脱衣所
東川の天人峡温泉 天人閣

私が入浴した天人閣の雰囲気を動画で確認できます。

▼天人閣の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 53.2℃
ph 6.3
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、病後回復期、慢性消化器病、動脈硬化症、慢性皮膚病、疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性婦人病、冷え性、虚弱児童
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘、糖尿病、痛風、肝臓病、慢性胆のう炎、胆石症、肥満症
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、下痢の時、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(3)、内湯(3)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:1000円。小学生:500円。
営業時間 12:00~17:00
休日 無休
駐車場 80台有
電話番号 0166-97-2111
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 796 739 243*31

しきしま荘

しきしま荘は1953年に創業した老舗温泉宿。浴場には、露天風呂と内湯が1つづつ。お湯はナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉で、淡緑色、混濁、弱塩味、無臭。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。宿泊も可能です。

▼建物の外観
東川の天人峡温泉 しきしま荘

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

しきしま荘の雰囲気を動画で確認できます。

▼しきしま荘の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 53.2℃
ph 6.3
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、病後回復期、慢性消化器病、動脈硬化症、慢性皮膚病、疲労回復、健康増進、きりきず、 やけど、慢性婦人病、冷え性、虚弱児童
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)、内湯(2)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:700円。小人:400円。
営業時間 12:00~19:00
休日 無休
駐車場 30台有
電話番号 0120-282-808
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 796 738 021*20

宿泊施設リスト

天人峡温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

天人閣(Tenninkaku)  
しきしま荘(Shikishimaso)

大雪山国立公園のページはこちら

大雪山国立公園

Comment

Comment