• 食物
  • Sweets
  • CentralArea

北海道で唯一と言われる天然物の鯛焼き -札幌のたいやき札幌柳屋-

2014/11/27

札幌柳屋は札幌市東区の住宅街にあるたい焼き屋さん。1985年に創業しました。元々ご主人が東京日本橋人形町の柳屋で働かれていたので、東京柳屋と繋がりがあるようです。こちらのお店はたい焼きしか販売しておらず、メニューは粒餡のみ。値段は1個で140円です。札幌で営業して30年近く経ちますが、東京柳屋の伝統を守っているのですから、大したものです。

▼店舗の外観
たい焼き -札幌柳屋-

twitterを見ても人気がありますね。

伝統を守るといえば、その焼き方があります。1丁焼きと呼ばれ、1個づつ焼く手法です。魚の鯛にちなんで、天然ものと呼ばれています。宮嶋康彦さんが名付けました。天然ものの代表が人形町の柳屋。1916年に創業し、東京三大鯛焼き一つと言われる程の有名店。札幌柳屋が北海道で唯一の天然ものと言われるのも頷けます。

▼一丁焼き
たい焼き -札幌柳屋-
▼具をつめる
たい焼き -札幌柳屋-
▼経木皮に包まれるたい焼き
たい焼き -札幌柳屋-

ちなみに、養殖物は4~10個を一気に焼く手法。天然ものは一個づつ焼くので、最適のタイミングを見図れるのでしょう。ただし、作業時間もハンパないです。皮が薄く香ばしいのが特徴で、餡が隅々まで行き渡ります。餡は自家製粒餡。甘すぎないので、甘党じゃなくてイケちゃいます。お客さんがひっきりなしに訪れていたので、ファンが多いのでしょう。食べるとその理由がわかりますよ。

▼シッポから
たい焼き -札幌柳屋-
▼顔から
たい焼き -札幌柳屋-
▼餡はこんな感じ
たい焼き -札幌柳屋-
駐車場 3台有
営業時間 14:00~18:00
休日 水曜日・木曜日
電話番号 011-721-6567
ホームページ

札幌の食べ物と温泉のページはこちら

札幌の食べ物と温泉

Comment

Comment