• 食物
  • Sweets
  • CentralArea

ハスカップに包まれた苫小牧を代表するお菓子「よいとまけ」 -苫小牧の三星本店-

2015/6/7

三星は苫小牧糸井に本店がある老舗菓子メーカー。みつぼしと読みます。1898年に小樽で創業しました。デスマスクで有名な小林多喜二のおじさんである小林慶義が会社を起こし、1912年に苫小牧に移転。この地域の特産であるハスカップが使われたよいとまけが作られ、苫小牧の代名詞的な存在になりました。

▼建物の外観
よいとまけ -苫小牧の三星本店-

よいとまけとは王子製紙で丸太を積み上げる際に丸太を人力で持ち上げる掛け声だったそうです。見かけも丸太をモチーフにしています。苫小牧は製紙工場の町としても有名ですから、やはり苫小牧に根ざしたお菓子だったんですね。日本一食べにくいお菓子としても有名だそうで、切り分けがし辛いとか。

▼よいとまけ
よいとまけ -苫小牧の三星本店-

そのよいとまけを食べるべく、本店に訪れました。本店はかなり広く、よいとまけを始めとしたお菓子の他、出来たてのパンも販売しています。喫茶店「カフェのんの」があり、そこでよいとまけセットを頂くことができます。値段は324円です。10分程で、2切れのよいとまけとコーヒーが提供されました。さっそく食べるとかなり甘めです。その中に酸味がある感じ。私には甘すぎましたが、甘党の方なら大丈夫です。

▼店内の様子
よいとまけ -苫小牧の三星本店-
▼よいとまけとコーヒーセットを上から
よいとまけ -苫小牧の三星本店-
▼すっぱ甘い
よいとまけ -苫小牧の三星本店-
▼ハスカップでコーティング
よいとまけ -苫小牧の三星本店-

三星のよいとまけをAmazonで見つけました。

駐車場 100台有
営業時間 08:00~20:00
休日 年中無休
電話番号 0144-74-5225
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 113 093 501*63

苫小牧についてのページはこちら

苫小牧

Comment

Comment