• 食物
  • Meal
  • Other

昔懐かしいようかんパン -北海道名物-

2015/1/13

ようかんパンとは、ホイップクリームが入ったコッペパンに、羊羹が垂らされた菓子パンです。これまで、北海道らしい食べ物だと知りませんでしたが、谷さんがようかんツイストについて教えてくれて、北海道のご当地パンと言われているのを知りました。そういえば、確かに子供の頃に食べた記憶がありましたね。

▼半分だけようかんにコーティング
ようかんパン -北海道名物-

ようかんパンは、山崎製パン「サンスネーク」、日糧パン「ジャンボようかんロール」「ようかんツイスト」、ロバパン「ようかんドーナツ」、HOKUO「ようかんちゃん」、セイコーマート「ようかん&クリーム」が代表的。私が昔食べていたのは、恐らくにジャンボようかんロール。ばあちゃんの家にあり、いつも羊羹をチョコレートと間違えて、残念な気分になっていたのを思い出します。子供の頃は和菓子の甘さが辛かったのですが、オトナになると和菓子の甘さの方がよいくらいで、実際久しぶりに食べてみると案外美味しかったんだと気付かされました。

▼チョコではない
ようかんパン -北海道名物-
▼中にホイップクリーム
ようかんパン -北海道名物-
▼ようかんを垂らす
ようかんパン -北海道名物-

ようかんパンは、北海道のコンビニエンスストアやスーパーなどで販売されています。北海道以外にも、静岡の富士製パンが1956年に作り始めたアンパンのようなようかんぱんや高知の菱田ベーカリーが1960年代に作り始めたアンパンのような羊羹ぱんがあるそう。北海道でも1970年代にようかんパンが作られたそうなので、その頃に何かあったんでしょうね。

▼ようかんツイスト
ようかんパン -北海道名物-

Comment

Comment