• 食物
  • Sweets
  • CentralArea

110年以上の歴史があるほんのり甘くて柔らかいトンネル餅 -共和の末次商会-

2016/3/11

末次商会は共和町小沢にある和菓子屋さん。小沢駅のすぐ近くにあります。小沢名物トンネル餅を販売していることで有名です。トンネル餅とは、大変な難工事だったと言われる函館本線の稲穂トンネルが完成したのを記念して、初代の西村久太郎さんが1904年に販売を開始しました。110年を越えるロングセラー和菓子です。ちなみに西村久太郎さんの息子が日本画家の西村計雄さんで、共和町に西村計雄記念美術館が建てられています。

▼店舗外観
トンネル餅 -共和の末次商会-
▼小沢駅
トンネル餅 -共和の末次商会-

末次商店に伺ったのは平日の昼過ぎ。店内は喫茶店のような雰囲気ですが、食事を提供している訳ではなさそうです。カウンターにはトンネル餅が6つほど積み重ねられ、1箱400円で販売中。その他に、おつまみのようなものや小沢駅のキーホルダーが販売されていました。店内にはご主人とそのお母さんがいて、ちょっとお話を聞いたりしても、親切に教えてくれます。良い方々ですよ。

▼トンネル餅
トンネル餅 -共和の末次商会-

1箱トンネル餅を購入し、せっかくなので鉄道つながりで近くの小沢駅に移動して食べることに。経木の箱の中には8個の美しい白い餅がはいっています。恐らく無添加で防腐剤も使われていないので、当日しかもたないんじゃないでしょうか。薄いピンクと薄い緑の線が入った餅で、ほんのり甘く、とても柔らかい。あの正月食べる餅という感じではなく、雪見だいふくの薄皮餅に近い食感です。これはウマイ!甘さがくどくないので、一人で一箱ペロリと食べることができました。

▼とても柔らかい
トンネル餅 -共和の末次商会-
▼トンネル餅を上から
トンネル餅 -共和の末次商会-
▼程よい甘さ
トンネル餅 -共和の末次商会-
駐車場 2台有
営業時間 08:00~15:00 ※売切れ次第、終了
休日 不定休
電話番号 0135-72-1005
ホームページ
マップコード 398 801 172*38

ニセコについてのページはこちら

ニセコ

Comment

Comment