• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

ツルツルした湯触が面白い -遠軽の瀬戸瀬温泉-

2014/5/24

セトセ温泉ホテル

セトセ温泉ホテルは北見市の北西に位置する遠軽町の温泉宿。1956年に創業しました。遠軽の山奥の道の一番奥に瀬戸瀬温泉ホテルがあります。これ以上先は通行止めで進めないため、山深い場所にある秘湯というイメージがぴったりです。建物も昭和の雰囲気を十二分に発しているので、秘湯の雰囲気を味わえるでしょう。

▼ロビー
遠軽の瀬戸瀬温泉 セトセ温泉ホテル
▼浴場入口
遠軽の瀬戸瀬温泉 セトセ温泉ホテル

浴場にはひょうたん型の内湯が1つ。8人くらいが入浴できそうな大きさです。源泉掛け流しのお湯がわんさか掛け流れています。溢れる様子を見るのもなかなか楽しいですよ。お湯は単純温泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は0.154gです。ph9.3と高いので、ツルツルした触感がとても印象的でした。飲泉の効能は無いようですが、休憩場所で飲むことが可能です。まろやかな口当たりでした。この温泉はビール作りにも使われていているそう。珍しいですよね。

▼脱衣所
遠軽の瀬戸瀬温泉 セトセ温泉ホテル
▼ひょうたん型の内湯
遠軽の瀬戸瀬温泉 セトセ温泉ホテル
▼内湯
遠軽の瀬戸瀬温泉 セトセ温泉ホテル
▼窓際に岩が並ぶ
遠軽の瀬戸瀬温泉 セトセ温泉ホテル
▼岩から温泉が湧き出す
遠軽の瀬戸瀬温泉 セトセ温泉ホテル
▼休憩場所
遠軽の瀬戸瀬温泉 セトセ温泉ホテル
▼温泉飲水場所
遠軽の瀬戸瀬温泉 セトセ温泉ホテル

浴場内にはシャンプーとボディーソープは備え付けてあります。脱衣所には便所と有料のドライヤーが設置されていました。素泊まりの宿泊のみ可能です。

▼脱衣所
遠軽の瀬戸瀬温泉 セトセ温泉ホテル
▼休憩室
遠軽の瀬戸瀬温泉 セトセ温泉ホテル

私が入浴したセトセ温泉ホテルの雰囲気を動画で確認できます。

▼セトセ温泉ホテルの様子

泉質 単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)
源泉の泉温 42.8℃
ph 9.3
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症
設備 内湯(1)。男女別の入浴
日帰り入浴料金 大人:500円。小学生:200円。幼児:100円。
営業時間 08:00~20:00
休日 水曜日
駐車場 30台有
電話番号 0158-44-2021
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 楽天はこちら
マップコード 617 081 566*61

宿泊施設リスト

瀬戸瀬温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

セトセ温泉ホテル(Setose Onsen Hotel)
Booking
じゃらん

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

大雪山国立公園のページはこちら

大雪山国立公園

Comment

Comment