• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

屈斜路湖湖畔にあるワイルド温泉 -弟子屈の三香温泉-

2015/5/20

三香温泉は釧路市の北部に位置する弟子屈の屈斜路湖畔にある温泉宿。1980年に創業しました。和琴半島のすぐ近くなんですが、ちょっとわかりにくいかもしれません。到着すると母屋と木造の玄関があります。玄関前には犬が飼われていて、おとなしくしていました。名前はキンタというようです。

▼キンタという犬
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉

入口をくぐると昭和時代の懐かしい雰囲気があります。ご主人が出てきて、露天風呂しかありませんよとのこと。最初は意味がわからなかったのですが、その日は雨で、それを心配してくれたようです。大丈夫ですと、入浴料400円を払いました。うちのお風呂はワイルドですよとさらにご主人が言います。それは期待が膨らみます。

▼休憩室
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉

玄関から一旦外に出て、浴室を目指します。距離は10mほど。途中、餌付け台があり、野生動物が食べに来るようです。木造の脱衣所には薪ストーブが置かれています。冬は寒いですからね。そして、浴場へ。大きな露天風呂が3つに区分けされ、水温が異なる仕組み。屋根が無く、確かにワイルドです。見晴らしは決してよくないんですが、開放感はハンパありません。そして、浴槽沿いに設置された洗い場も非日常的で気分を高揚させました。

▼浴場小屋
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉
▼脱衣所
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉
▼露天風呂の様子
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉
▼3つに区分けされ、温度が異なる
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉
▼屈斜路湖を臨む
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉
▼屋根はない
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉
▼温泉湧出口
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉
▼露天風呂からの様子
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉
▼無色透明な温泉
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉
▼温泉成分が沈殿
弟子屈 屈斜路湖の三香温泉

温泉は無色、透明、無味、弱石油臭です。温泉成分の総計は0.630g。飲泉が出来るようなので、飲んでみると温泉らしい味がします。ただ、残念ながら何の効用もないようです。浴場にはシャワーはありませんが、シャンプーと石鹸が備え付けられています。脱衣所にはトイレが無いので、事前に母屋でトイレを借りた方がよいでしょう。宿泊も可能です。

私が入浴した三香温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼三香温泉の様子

泉質 単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
源泉の泉温 48.0℃
ph 7.0
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 特になし
設備 露天風呂(3) 男女別の入浴
日帰り入浴料金 大人:400円、小学生:300円。
営業時間 10:00〜20:00
休日 不定休
駐車場 20台有
電話番号 015-484-2140
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 731 548 489*15

宿泊施設リスト

三香温泉周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。

三香温泉(Sanko Onsen)    
屈斜路原野ユースゲストハウス(Kussharo-Genya Youth Guesthouse)  
アトレーユ(Atreyu)  
屈斜路プリンスホテル(Kussharo Prince Hotel)  
ぽらりす(Polaris)    
レイクサイドリゾートペンションチャトラン(Lakeside Resort Pension CHATRAN)    
Booking.com

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

阿寒国立公園のページはこちら

阿寒国立公園

Comment

Comment