• 温泉
  • TouristSpots
  • NorthernArea

開放感ある露天風呂が素晴らしい -利尻富士温泉-

2015/9/26

利尻富士温泉は利尻島にある温泉施設。鴛泊港と甘露泉水の間にあります。1996年に開業しました。町営の温泉施設で、プールも兼ね備え、年間6万人のお客さんが利用するとか。すごいですね。キャンプ場も近いので、コインランドリーなんかも設置されてあります。

▼玄関ホール
利尻富士温泉
▼浴場入口
利尻富士温泉
▼脱衣所
利尻富士温泉

浴場には露天風呂が1つ、内湯が1つ、ジャグジーが1つ、水風呂とサウナが1つづつ。露天風呂は約15人くらいが入浴できそうな大きさ。屋根が無いので、開放感があります。晴れていれば、利尻富士を見ながら入浴できることでしょう。内湯は20人くらいが入浴できそうな大きさ。広い空間が気持よいですね。

▼内湯
利尻富士温泉
▼お湯は淡い黄色
利尻富士温泉
▼露天風呂
利尻富士温泉
▼露天風呂
利尻富士温泉
▼露天風呂
利尻富士温泉
▼露天風呂からの眺め
利尻富士温泉
▼無色透明の温泉
利尻富士温泉
▼温泉成分が石化している
利尻富士温泉
▼露天風呂
利尻富士温泉

温泉はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は2.050gです。残念ながら飲泉はできません。内湯の温泉が淡い黄色で、露天風呂の温泉が無色透明だったので、酸化すると淡い黄色になるのでしょうか。浴場にはシャンプーとボディソープが備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置されています。休憩室には無料のウォターサーバーもありました。

▼脱衣所
利尻富士温泉
▼休憩室
利尻富士温泉
▼無料のウォターサーバー
利尻富士温泉

利尻富士温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼利尻富士温泉の様子

泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性温泉)
源泉の泉温 40.0℃
ph 7.56
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消火器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、きりきず、やけど、虚弱児童、慢性婦人病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲泉不可
設備 露天風呂(1)、内湯(3)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小学生:250円。
営業時間 06月~08月 11:00~21:30、09月~05月 12:00~21:00。
休日 不定休
駐車場 10台有
電話番号 0163-82-2388
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 714 551 461*86

宿泊施設リスト

利尻富士温泉周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。

北国グランドホテル(Kitaguni Grand Hotel)    
利尻マリンホテル(Rishiri Marine Hotel)  
利尻富士観光ホテル(Rishirifuji Kanko Hotel)  
ホテル あや瀬(Hotel Ayase)    
田中家ひなげし館(Tanakaya Hinageshikan)  
旅館 なり田(Ryokan Narita) 電話:0163-82-1536
旅館 大関(Ryokan Ozeki)      
旅館 夢海(Ryokan Mukai)      
ペンション 群林風(Pension Green Wind)  
ペンション ヘラさんの家(Pension Herasan-no-Ie)      
利尻山荘 花りしり(Rishirisanso Hana-Rishiri)    
お宿マルゼン(Oyado Maruzen)      
北国グランドホテル 花コテージ北国(Kitaguni Grand Hotel Hana Cottage Kitaguni)      
ペンション レラモシリ(Pension Reramoshiri)      
たにかわ庵(Tanikawaan)      
お泊り サンキュー(Thankyou Hotel)        
旅の宿 しらかば(Tabi-no-Yado Shirakaba)        

利尻島のページはこちら

利尻島

Comment

Comment