• 自然
  • TouristSpots
  • NorthernArea

利尻富士が美しく見える絶景スポット -利尻島のオタトマリ沼とその周辺-

2015/10/10

オタトマリ沼周辺

利尻島の南部にあるオタトマリ沼。その一帯には、沼浦湿原、沼浦海岸、沼浦展望台(白い恋人の丘)、沼浦キャンプ場があります。その中で沼浦海岸が見つけにくい場所。その他の場所は分かりやいので辿り着けるでしょう。沼浦海岸には特にこれといった施設もありません。ただ、綺麗な砂浜が広がっています。この砂浜で利尻島の人は北の短い夏をエンジョイするのでしょうね。ただ、夏とは言え、寒そうだ。

▼沼浦海岸
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯
▼沼浦海岸
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯
▼沼浦海岸から海を見る
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯

オタトマリ沼

オタトマリ沼は沼浦湿原の中にある利尻島最大の沼。天気が良いと水面に映る利尻富士が綺麗なビュースポットとして有名です。周りには沼浦湿原を散策できる遊歩道が設置され、約20分ほどで見て回ることができます。沼のほとりには、大きな駐車場があり、トイレがある他、おみやげ屋さんやレストランがあります。

▼オタトマリ沼
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯
▼利尻富士とオタトマリ沼
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯
▼オタトマリ沼の周りは湿原に
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯
▼蓮の花が咲く
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯
▼オタトマリ沼
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯
▼オタトマリ沼を見下ろす
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯
▼なんの花だろう?
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯
▼なんの花だろう?
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯
▼売店や食堂もある
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯
▼駐車場にトイレがある
利尻島のオタトマリ沼と沼浦一帯

オタトマリ沼の雰囲気を動画で確認できます。

▼オタトマリ沼の様子

入場料 無料
駐車場 約30台有
営業時間 24時間
休日
電話番号 0163-84-3622
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 714 109 833*67

沼浦展望台(白い恋人の丘)

沼浦展望台は利尻富士とオタトマリ沼を一緒に見ることができるビュースポット。何故か白い恋人の丘と呼ばれていました。なんでも、北海道の有名なお菓子の白い恋人のパッケージにここから撮影された利尻富士が使われているのだとか。恋人達の聖地なのでしょう。ここからの沼浦海岸を見下ろす景色も綺麗なので、しょうがないですね。ちなみに、駐車場以外に施設は何もありません。

▼白い恋人の丘と呼ばれる
利尻島の沼浦展望台(白い恋人の丘)
▼利尻富士とオタトマリ沼
利尻島の沼浦展望台(白い恋人の丘)
▼沼浦展望台から見た沼浦海岸
利尻島の沼浦展望台(白い恋人の丘)
▼沼浦展望台から海を見る
利尻島の沼浦展望台(白い恋人の丘)

沼浦展望台の雰囲気を動画で確認できます。

▼沼浦展望台の様子

入場料 無料
駐車場 約20台有
営業時間 24時間
休日
電話番号 0163-84-3622
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 714 110 665*47

沼浦キャンプ場

沼浦キャンプ場は沼浦展望台(白い恋人の丘)に行く途中にあります。オタトマリ沼からも少し離れていますね。森に囲まれたキャンプ場で、トイレや炊事場がありました。管理人はいないようです。買い出しは近くのセイコーマート鬼脇が一番便利そう。

▼沼浦キャンプ場
利尻島の沼浦キャンプ場
▼炊事場とトイレがある
利尻島の沼浦キャンプ場
入場料 無料
駐車場 約20台有
営業時間 24時間
休日 10/01~5/31
電話番号 0163-84-3622
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 714 140 363*60

宿泊施設

オタトマリ沼周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。

プチホテル 川一(Petit Hotel Kawaichi)
HP
Booking
旅館 富士(Ryokan Fuji)
Booking
Booking.com
Booking.com

利尻島のページはこちら

利尻島

Comment

Comment