• 地域
  • Little-KnownGoodSpots
  • NorthernArea

6種類の色違いの稲で作られる芸術 -旭川の田んぼアート-

2017/8/3

田んぼアートは、旭川市東鷹栖で行われる田んぼをキャンパスに見立てたアート作品。日本各地約20箇所で開催される田んぼアートの一つで、2006年にスタートしました。JAたいせつ農業組合の敷地に展望台が作られ、観光客は見物することができます。敷地内には、展望台、売店、トイレがあります。見頃は7月中旬~8月中旬。入場無料。駐車場も無料です。

▼田んぼアート
旭川の田んぼアート
▼田んぼアート
旭川の田んぼアート

水田の大きさは、縦40m、横170m。2017年は、夜行性の動物達をテーマに、ユキヒョウ・オオカミ・エゾシカ・レッサーパンダが描かれました。というか植えられました。これらは毎年変わります。そして、稲に色を塗っている訳ではなく、緑色(ななつぼし)・黄色(黄稲)・紫色(紫稲)・赤色(べにあそび)・白色(ゆきあそび)・橙色(あかねあそび)の稲によって色分けが行われています。植えるのはかなり苦労しそうです。

▼展望台
旭川の田んぼアート

展望台は高さ5mほど。鉄の足場を組み合わせて作られたもので、入場制限があります。一度に入場できるのは20人。そのため、階段の登り口で、見張台カードを配布し、カードが切れている場合は、定員に達していることを示しているので、登らないでください。また、帰る際は、カードを戻してください。展望台からは、田んぼアートを一望することが可能。ホント感心するほどのクオリティです。素晴らしい!

▼カード入れ
旭川の田んぼアート
▼カード
旭川の田んぼアート
▼展望台の様子
旭川の田んぼアート
▼展望台からの眺め
旭川の田んぼアート
▼展望台からの眺め
旭川の田んぼアート
▼高さ5mほどの展望台
旭川の田んぼアート
▼近くからも見れる
旭川の田んぼアート
▼近くで見た稲
旭川の田んぼアート
▼2017年
旭川の田んぼアート
▼面白い!
旭川の田んぼアート
▼売店
旭川の田んぼアート
▼トイレ
旭川の田んぼアート
▼駐車場
旭川の田んぼアート

田んぼアートの雰囲気を動画で確認できます。

▼田んぼアートの様子

入場料 無料
駐車場 20台有り
営業時間 24時間
休日 9月~6月下旬
電話番号 -
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 79 710 738*34

宿泊施設

旭川市内外の宿泊施設は以下を参考にしてください。

Booking.com

旭川についてのページはこちら

旭川

Comment

Comment