• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

野付湾と塩っぱい茶色い温泉が楽しめる -別海の尾岱沼温泉-

2017/6/4

尾岱沼温泉 シーサイドホテル

尾岱沼温泉 シーサイドホテルは、野付半島の反対側に位置する別海町尾岱沼地区にある温泉ホテル。1991年に創業しました。露天風呂から眺める景色がいいことで知られています。館内の廊下には野鳥や風景の写真が飾られ、お客さんも写真家さんが多いようです。尾岱沼では、冬に四角い太陽が撮影できるとか。その効果もあるのでしょうね。入浴料は500円。宿泊も可能です。

▼廊下には野鳥の写真が飾られている
別海の尾岱沼温泉
▼浴場入口
別海の尾岱沼温泉
▼脱衣所
別海の尾岱沼温泉

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

浴場には、4人くらいが入浴できそうな露天風呂と10人くらいが入浴できそうな内湯が1つづつ。露天風呂は岩風呂になっていて、晴れていれば眺めが良さそうです。野付半島が眺められます。屋根も無いので、開放感もいい感じ。思わず仁王立ちになって、景色を眺めてしまいます。どちらの浴槽も湯量が多いようで、どんどん溢れていきます。贅沢な気分に浸れますね。

▼内湯
別海の尾岱沼温泉
▼内湯からの眺め
別海の尾岱沼温泉
▼内湯からの眺め
別海の尾岱沼温泉
▼露天風呂
別海の尾岱沼温泉
▼淡い褐色
別海の尾岱沼温泉
▼温泉湧出口
別海の尾岱沼温泉
▼お湯がどんどん溢れていく
別海の尾岱沼温泉
▼温泉成分が石化
別海の尾岱沼温泉
▼野付半島が見える
別海の尾岱沼温泉

お湯はナトリウム-塩化物泉で、淡い褐色、透明、塩味、無臭です。温泉成分の総計は11.37g。メタケイ酸176.8mgと美肌の湯と言われる200mgに迫っているので、美肌にもよさそう。浴場にはシャンプーとボディソープが備え付けられています。脱衣所にはトイレが無いので、事前に老廊下にあるトイレで用を足すと良いでしょう。

▼ロビー
別海の尾岱沼温泉

私が入浴した尾岱沼温泉の雰囲気を確認できます。

▼尾岱沼温泉の様子

泉質 ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性高張性高温泉)
源泉の泉温 55.0℃
ph 7.9
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、疲労回復、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)、内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。小学生:200円。
営業時間 13:00~20:00
休日 不定休
駐車場 50台有
電話番号 0153-86-2316
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 448 596 305*55

宿泊施設リスト

尾岱沼温泉附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。

温泉民宿 トドワラ荘(Onsen Minshuku Todowaraso)      
尾岱沼温泉 シーサイドホテル(Otaito Onsen Seaside Hotel)    

Comment

Comment