• 温泉
  • FamousSpots
  • CentralArea

地獄から湧き出る温泉 -登別温泉-

2014/5/13

登別温泉

登別温泉は室蘭の北東に位置し太平洋に面した登別市の温泉街。毎年300万人近い観光客が訪れます。14軒の宿泊施設を中心に、北海道屈指の温泉街を形成。温泉以外に地獄谷、のぼりべつクマ牧場、倶多楽湖が近くにあり、観光地も豊富です。市街地には足湯、飲食店、土産物屋、アクティビティが楽しめる登別ゲートウェイセンターがあります。また、温泉街入り口で高さ18mの巨大鬼が立ち、我々を出迎えてくれるのです。登別温泉のマスコットは鬼!鬼が温泉街中で見られます。

▼巨大鬼
登別温泉 巨大鬼

登別とはアイヌ語で、白く濁った川という意味です。実際に白濁の温泉が目立ちます。1858年に滝本金蔵がこの地で温泉宿の経営を始めました。有名な第一滝本館はこの名前にちなんでいるとか。登別温泉は湯量が豊富で1日1万t湧き出します。泉質が9種類もあるのはスゴイの一言!これだけの種類の温泉に入れる温泉地は日本でも珍しいのではないでしょうか。

地獄谷

地獄谷は登別温泉の源泉です。直径450mの噴火口の跡が地獄谷と呼ばれています。その周囲には1周10分程で回れる遊歩道や展望台があり、散策が可能です。

▼地獄谷
登別温泉 地獄谷
▼地獄谷
登別温泉 地獄谷
▼鉄泉池(間歇泉)
登別温泉 鉄泉池(間歇泉)
▼地獄谷
登別温泉 地獄谷

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

この他に、全部で15の地獄と呼ばれる源泉の湧き出し口があります。その一つが大正地獄。地鳴りとともに湯が7色に変化する間欠泉で、一番有名だとか。また、地獄谷の北側には周囲1キロの大湯沼があり、その湖底からは130度の温泉が湧きだしています。

▼大湯沼
登別温泉 大湯沼
▼大湯沼
登別温泉 大湯沼
▼大正地獄
登別温泉 大正地獄

地獄谷の雰囲気を動画で確認できます。

▼地獄谷の様子

入場料 無料
駐車場 有料駐車場(410円)
営業時間 24時間
休日 無休
電話番号 0143-84-3311
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 603 287 358*50

倶多楽湖

倶多楽湖は白老にある直系約3kmの円形のカルデラ湖。でも、登別温泉からしか道がありません。透明度が摩周湖に次いで日本で2番目にキレイだそうです。未だ開発は進んでいないので、比較的原始の北海道が残っています。

▼倶多楽湖
白老 倶多楽湖
▼倶多楽湖
白老 倶多楽湖
▼漁船が浮かんでいる
白老 倶多楽湖
▼レストハウス「ルート350レイクキャビン」
白老 倶多楽湖
▼河童がいるらしいよ
白老 倶多楽湖

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

倶多楽湖の雰囲気を動画で確認できます。

▼倶多楽湖の様子

入場料 無料
駐車場 無料駐車場20台有
営業時間 24時間
休日
電話番号 -
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 603 260 833*41

クマ牧場

1956年に世界初のクマの多頭飼育牧場として設立。約100頭が飼育されています。クマたちが目の前に迫る「人のオリ」から熊を観察でき、そこからエサも与えることが可能。山の上にあるので、ロープウェーで登頂しなければなりません。

▼建物の外観
登別温泉 クマ牧場

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

クマ牧場の雰囲気を動画で確認できます。

▼クマ牧場の様子

入場料 大人:2592円。小人:1296円。
駐車場 有料駐車場(普通車500円)
営業時間 07月~09月 08:00~17:00
04月~06月と10月~01月 08:30~16:30
02月~03月 08:30~16:00
休日 不定休
電話番号 0143-84-2225
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 603 257 744*12

日帰り温泉リスト

14軒の宿泊施設のうち、第一滝本館 登別石水亭、花鐘亭はなや、夢元さぎり湯、登別グランドホテル、登別万世閣、ゆもと登別で日帰り入浴することができます。宿坊 観音寺でも前日までに予約すれば入浴することができるようです。一方、宿泊専用の施設はホテルまほろば名湯の宿パークホテル雅亭滝本イン、登別温泉郷 滝乃家、御やど 清水屋、玉乃湯、望楼NOGUCHI登別、旅亭 花ゆらです。

第一滝本館

第一滝本館は1858年に創業した老舗ホテル。登別温泉の生みの親でもあります。7つの源泉を持つ、日本国内でも珍しい温泉宿です。浴場は2階と3階に、露天風呂、内湯、水風呂、サウナなどがあります。浴場にはシャンプーやボディーソープは備え付けられています。また、飲泉所も設けられ、飲泉可能。脱衣所にはトイレや無料のドライヤーも設置。宿泊も可能です。残念ながら浴場内は撮影禁止のようです。

▼建物の外観
登別温泉 第一滝本館

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

温泉の泉質は以下のとおり。(1)ナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、無色、透明、弱塩味、弱硫黄臭。温泉成分の総計は4.226g。(2)含硫黄・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉で、無色、透明、酸味と弱塩味、無臭。温泉成分の総計は4.037g。(3)ナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、無色、透明、塩味、無臭。温泉成分の総計は3.568g。

(4)含硫黄・鉄-硫酸塩泉で、無色、透明、弱酸味、硫黄臭。温泉成分の総計は0.911g。(5)ナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は2.028g。(6)ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉で、無色、透明、塩味、無臭。温泉成分の総計は5.915g。(7)含硫黄・ナトリウム-硫酸塩泉で、白濁、酸味、硫黄臭。温泉成分の総計は1.065g。

第一滝本館の雰囲気を動画で確認できます。

▼第一滝本館の様子

泉質 (1)癒しの湯:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(中性低張性高温泉)
(2)きずの湯:含硫黄・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(酸性低張性高温泉)
(3)熱の湯:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)
(4)万病の湯:含硫黄・鉄-硫酸塩泉(酸性低張性高温泉)
(5)鬼の湯:ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(中性低張性高温泉)
(6)美人の湯:ナトリウム・カルシウム・マグネシウム-塩化物・炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)
(7)美肌の湯:含硫黄・ナトリウム-硫酸塩泉(酸性低張性高温泉)
源泉の泉温 (1)66.8℃、(2)66.6℃、(3)61.6℃、(4)48.5℃、(5)58.2℃、(6)56.2℃、(7)58.6℃
ph (1)6.2、(2)2.2、(3)7.1、(4)2.8、(5)7.2、(6)6.8、(7)2.3
適応症 (1)リウマチ性疾患、運動器障害、発育不全、更年期障害
(2)高血圧症、動脈硬化症、外傷、慢性皮膚病
(3)リウマチ性疾患、神経痛、冷え性
(4)水虫や雑菌による皮膚病、リウマチ性疾患、更年期障害
(5)慢性消化器病、慢性皮膚病、慢性婦人病、疲労回復、健康増進、冷え症、切り傷、火傷
(6)切り傷や火傷、慢性皮膚病の他、神経痛、貧血症、アトピー、じんましん
(7)動脈硬化症、高血圧症、慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、高度の貧血、活動性の結核、出血性の疾患、その他一般に病勢進行中の疾患、高齢者の皮膚乾燥症、皮膚粘膜の過敏な人、光線過敏症の人
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘、糖尿病、痛風、肝臓病
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(2)、内湯(15)、サウナ(2)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 09:00~16:00 大人:2000円。子供:1000円。
16:00~18:00 大人:1500円。子供:750円。
営業時間 09:00~21:00
休日 無休
駐車場 有100台
電話番号 0143-84-2111
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 603 287 114*73

登別石水亭

登別石水亭は1963年に創業した温泉ホテル。野口観光が経営しています。建物が2つあり、辛夷館と銀杏館に浴場があります。辛夷館の浴場には、大浴場、水風呂とサウナが一つづつ。銀杏館の浴場には、露天風呂が3つ、内湯が3つ、水風呂とサウナが一つづつあります。

▼建物の外観
登別温泉 登別石水亭
▼辛夷館8階のなが~い廊下
石水亭 登別温泉

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

私が伺った日は金曜日で、銀杏館が清掃中とのことで、辛夷館の浴場で入浴しました。内湯が巨大で、30人くらいが入浴できそうな広さ。広々としていてとても気持ち良いです。

▼脱衣所
石水亭 登別温泉
▼浴室
石水亭 登別温泉
▼山が見える
石水亭 登別温泉
▼温泉湧出口
石水亭 登別温泉
▼白濁のお湯
石水亭 登別温泉
▼浴槽がお湯が溢れる
石水亭 登別温泉
▼サウナ
石水亭 登別温泉
▼水風呂
石水亭 登別温泉

お湯は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、白濁、酸味、硫化水素臭。温泉成分の総計は1.552g。残念ながら飲泉はできません。浴場にはシャンプーやボディーソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレ、無料のドライヤー、冷水なども設置。宿泊も可能です。

▼脱衣所
石水亭 登別温泉
▼冷水もある
石水亭 登別温泉
▼エレベターの近くに按摩機もある
石水亭 登別温泉

辛夷館の雰囲気を動画で確認できます。

▼辛夷館の浴場の様子

泉質 含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(弱酸性低張性高温泉)
源泉の泉温 68.6℃
ph 3.5
適応症 高血圧、動脈硬化、糖尿、慢性皮膚病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、高度の貧血、活動性の結核、出血性の疾患、その他一般に病勢進行中の疾患、高齢者の皮膚乾燥症、皮膚粘膜の過敏な人、光線過敏症の人
飲用による適応症 糖尿病、痛風
飲用による禁忌症 下痢の時
設備 露天風呂(3)、内湯(6)、サウナ(2)。男女別の入浴。貸切風呂あり。
日帰り入浴料金 大人:800円。子供:400円。幼児:無料。
営業時間 11:00〜18:00
休日 無休
駐車場 有150台
電話番号 0143-84-2255
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 603 287 612*17

花鐘亭はなや

花鐘亭はなやは1942年に創業した温泉宿。元々割烹料理店だったので、料理が美味しいとか。浴場には露天風呂と内湯が1つづつ。それぞれ4人が入浴できそうな浴槽の大きさ。浴場は全体的に広くはなく、こじんまりとした落ち着いた雰囲気がありました。目隠しがあるので、露天風呂からの眺めはそれほどよくはありません。また、残念ながら浴場と脱衣所の撮影は禁止されていました。

▼建物の外観
登別温泉 花鐘亭はなや
▼庭
登別温泉 花鐘亭はなや
▼浴場入口
登別温泉 花鐘亭はなや

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

お湯は含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉で、白濁、酸味、硫黄臭。硫黄の臭いがぷんぷんします。温泉成分の総計は1.065g。残念ながら飲用はできません。浴場にはシャンプーやボディーソープは備え付けられています。脱衣所には無料のドライヤーも設置。宿泊も可能です。

▼休憩室
登別温泉 花鐘亭はなや

花鐘亭はなやの雰囲気を動画で確認できます。

▼花鐘亭はなやの様子

泉質 含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉(酸性低張性高温泉)
源泉の泉温 58.6℃
ph 2.3
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、冷え症、慢性消化器病、痔症、疲労回復、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、やけど、きりきず、慢性婦人病、動脈硬化症、糖尿病、高血圧症
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、高度の貧血、活動性の結核、出血性の疾患、その他一般に病勢進行中の疾患、高齢者の皮膚乾燥症、皮膚粘膜の過敏な人、光線過敏症の人
飲用による適応症 糖尿病、痛風、便秘、慢性便秘、慢性消化器病
飲用による禁忌症 下痢の時、腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:700円。子供:350円。
営業時間 11:00〜16:00
休日 無休
駐車場 有30台
電話番号 0143-84-2521
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 603 258 272*14

夢元さぎり湯

夢元さぎり湯は登別温泉唯一の公共浴場です。1937年に営業を開始しました。浴場には、内湯が3つ、ジャグジーが1つ、水風呂が1つとサウナが1つ。内湯は温泉成分が濃く、浴槽に泥が溜まり、美肌に効果がありそうです。そして、目に入ると痛い!特に目薬の湯は相当染みます。

▼建物の外観
登別温泉 夢元さぎり湯
▼浴室の入口
登別温泉 夢元さぎり湯
▼脱衣所
登別温泉 夢元さぎり湯
▼内湯からの眺め
登別温泉 夢元さぎり湯

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

お湯は2つの泉質があり、1つは含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉で、白濁、酸味、硫黄臭。温泉成分の総計は1.065g。もう1つは含硫黄-ナトリウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉で、白濁、酸味、硫黄臭。温泉成分の総計は1.693g。残念ながら飲泉はできません。シャンプーなどは備え付けられていないので、持参する必要があります。脱衣所には便所と有料のドライヤーが設置されています。

▼脱衣所
登別温泉 夢元さぎり湯
▼休憩室
登別温泉 夢元さぎり湯
泉質 (1)含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 (酸性低張性高温泉)
(2)含硫黄-ナトリウム・アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉 (酸性低張性高温泉)
源泉の泉温 (1)58.6℃、(2)83.6℃
ph (1)2.3、(2)2.2
適応症 (1)(2)神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔症、冷え症、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど、動脈硬化症、糖尿病、高血圧症
禁忌症 (1)(2)急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、高度の貧血、活動性の結核、出血性の疾患、その他一般に病勢進行中の疾患、高齢者の皮膚乾燥症、皮膚粘膜の過敏な人、光線過敏症の人
飲用による適応症 (1)糖尿病、痛風、便秘、慢性便秘、慢性消化器病、(2)慢性消化器病、糖尿病、痛風、便秘、慢性胆のう炎、胆石症、肥満症
飲用による禁忌症 下痢の時、腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 内湯(5)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:420円。子供:180円。
営業時間 07:00〜22:00
休日 無休
駐車場 有40台
電話番号 0143-84-2050
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 603 257 707*73

登別グランドホテル

登別グランドホテルは1938年に創業した温泉ホテル。3つの異なる源泉があることで知られています。浴場には露天風呂が2つ、大きな内湯が1つ、水風呂とサウナが1つづつ。浴場にはシャンプーやボディーソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレや無料のドライヤーも設置。宿泊も可能です。

▼建物の外観
登別温泉 登別グランドホテル

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

登別グランドホテルの雰囲気を動画で確認できます。

▼登別グランドホテルの様子

泉質 (1)含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(中性低張性高温泉)
(2)含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(酸性低張性高温泉)
(3)含鉄-ナトリウム-塩化物泉(酸性低張性高温泉)
源泉の泉温 (1)75.9℃、(2)58.6℃、(3)70.4℃
ph (1)6.8、(2)2.3、(3)2.5
適応症 高血圧、動脈硬化、糖尿、慢性皮膚病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、高度の貧血、活動性の結核、出血性の疾患、その他一般に病勢進行中の疾患、高齢者の皮膚乾燥症、皮膚粘膜の過敏な人、光線過敏症の人
飲用による適応症 不可
設備 露天風呂(2)、内湯(1)、サウナ(1)。男女別の入浴。貸切風呂あり。
日帰り入浴料金 大人:1500円。子供:500円。
営業時間 12:30〜20:00
休日 無休
駐車場 有200台
電話番号 0143-84-2101
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 603 257 673*71

登別万世閣

登別万世閣は1963年に創業した温泉ホテル。浴場には露天風呂、大浴場、ジャグジー、水風呂とサウナが1つづつあります。お湯は含硫黄・ナトリウム-硫化塩泉で、白濁、酸味、硫黄臭。浴場にはシャンプーやボディーソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレや無料のドライヤーも設置。宿泊も可能です。

▼建物の外観
登別温泉 登別万世閣

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

登別万世閣の雰囲気を動画で確認できます。

▼登別万世閣の様子

泉質 含硫黄・ナトリウム-硫化塩泉(酸性低張性高温泉)
源泉の泉温 69.3℃
ph 2.5
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、ぢ疾、慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、疲労回復、健康増進、高血圧症、動脈硬化症、糖尿病、慢性婦人病、冷え症、きりきず
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、高度の貧血、活動性の結核、出血性の疾患、その他一般に病勢進行中の疾患、高齢者の皮膚乾燥症、皮膚粘膜の過敏な人、光線過敏症の人
飲用による適応症 慢性消化器病、糖尿病、痛風、便秘
飲用による禁忌症 下痢の時、腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(3)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:1100円。子供:550円。
営業時間 12:30〜20:00
休日 無休
駐車場 有100台
電話番号 0143-84-3500
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 603 257 622*28

ゆもと登別

ゆもと登別はグランビスタ ホテル&リゾートが経営している温泉ホテル。3つの異なる源泉があります。浴場には露天風呂が1つ、内湯が2つ、ジャグジーが1つ、打たせ湯が1つ、水風呂とサウナが1つづつ。浴場にはシャンプーやボディーソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレや無料のドライヤーも設置。宿泊も可能です。

▼建物の外観
登別温泉 ゆもと登別

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

泉質 (1)含硫黄・ナトリウム-硫化塩泉(酸性低張性高温泉)
(2)ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(弱酸性低張性高温泉)
(3)含鉄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(酸性低張性高温泉)
源泉の泉温 (1)65.8℃、(2)69.0℃、(3)98.2℃
ph (1)2.4、(2)5.6、(3)2.3
適応症 (1)糖尿病、高血圧、慢性婦人病、神経痛(2)貧血症、冷え性、神経痛、リウマチ、アトピー皮膚炎(3)貧血症、慢性湿疹
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、高度の貧血、活動性の結核、出血性の疾患、その他一般に病勢進行中の疾患、高齢者の皮膚乾燥症、皮膚粘膜の過敏な人、光線過敏症の人
飲用による適応症 不可
設備 露天風呂(1)、内湯(3)、サウナ(1)。男女別の入浴。毎日男女の浴室入れ替え。
日帰り入浴料金 大人:1000円。子供:500円。
営業時間 13:00〜20:00
休日 無休
駐車場 有100台
電話番号 0143-84-2277
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 603 257 680*15

宿泊施設一覧

登別温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

第一滝本館(Dai-ichi Takimotokan)
登別グランドホテル(Noboribetsu Grand Hotel)
ホテルまほろば(Hotel Mahoroba)
登別石水亭(Noboribetsu Sekisuitei)
登別万世閣(Noboribetsu Manseikaku)
ホテルゆもと登別(Hotel Yumoto Noboribetsu)
名湯の宿パークホテル雅亭(Park Hotel Miyabitei)
滝本イン(Takimoto Inn)
登別温泉郷 滝乃家(Noboribetsu Onsen Kyo Takinoya)  
花鐘亭はなや(Kashoutei Hanaya)
御やど 清水屋(Oyado Kiyomizuya)
玉乃湯(Tamanoyu)  
望楼NOGUCHI登別(Boro Noguchi Noboribetsu)
旅亭 花ゆら(Ryotei Hanayura)  
Booking.com

支笏洞爺国立公園についてのページはこちら

支笏洞爺国立公園

Comment

Comment