• 温泉
  • TouristSpots
  • SouthernArea

【瀬棚のねとい温泉】日帰り入浴が楽しめる旅館ねとい温泉【廃業】

2014/4/27

ねとい温泉

ねとい温泉は函館市の北西方面に位置する瀬棚町北檜山の温泉地。北檜山の中心地からは約6m離れ、一軒宿の旅館ねとい温泉が建ちます。周りは田んぼばかりで、カフェ・レストラン・お土産屋さん・コンビニといった独立したお店はありません。近くには玉川公園があります。

▼田んぼに囲まれる
瀬棚のねとい温泉
▼玉川公園
瀬棚にある玉川公園の水仙

ねといとはアイヌ語でぬるい水という意味とか。確かに泉温25.6℃のお湯ですからね。昔から微温泉が湧き出す場所として知られていたのかもしれません。こちらは石油を掘削した際に温泉が湧出したのが温泉地としての始まります。瀬棚周辺の有名な観光地としては浮島公園・三本杉岩・立象山公園展望台があります。また、瀬棚で美味しいお店としては、甲田菓子店とそば処元気屋が特に人気です。両方で食べましたが、美味しかったですよ。

▼三本杉岩
岩シュー -せたなの甲田菓子店-

玉川公園の水仙

函館市の北西に位置するせたな町の玉川神社の丘に玉川公園があり、約30種類の水仙が30万株植えられています。4月下旬~5月上旬にかけて咲き誇り、ちょうど見頃を迎える桜と共に美しいハーモニーを奏でます。ピンク、黄、緑、白と色合いが華やかですね。敷地内にはトイレと駐車場が設置されています。入場料と駐車場料金は無料です。また、近くにはねとい温泉もあります。記事はこちら

▼記念碑が立っている
瀬棚にある玉川公園の水仙

立象山展望台

立象山展望台は、函館市の北西に位置するせたな町の中心部にあるビュースポット。標高約95mの立象山の頂上附近に2階建ての展望台が建っています。せたなの街と風力発電の風車、奥尻島と日本海、せたなの象徴である三本杉岩を見下ろすことが可能。晴れていれば、とても気持ちが良い眺望です。夜景や夕日も美しいそうですよ。近くにはせたな青少年旅行村や立象山公園があります。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼屋上からの眺め
瀬棚の立象山展望台

そば処元気屋

そば処元気屋は瀬棚町北檜山にあるそば店。畑の真ん中にお店があります。お店はプレハブですが、美味しい食べ物に出会えそうな雰囲気のある建物です。店内は玄関で靴を脱いで上がります。14時頃に訪問し、お客さんも2組しかいなかったので、小上がりに座らさせてもらいました。店内はそれほど広くはありません。ただ、テーブル席もいくつかあるので、家族連れでも大丈夫そうです。記事はこちら

▼元気そばを上から
元気そば 瀬棚の元気屋

甲田菓子店の岩シュー

甲田菓子店は、函館市の北西部に位置するせたな町の老舗和菓子店。1900年に開業しました。せたなの象徴である三本杉岩をモチーフにした岩(いわ)シューが有名です。表面が岩に似たクッキー風のサクサクの生地に新鮮なカスタードクリームをお客さんの目の前で注入し、賞味期限が1時間という短さで知られています。洋菓子が有名ですが、その他にも三本杉岩をモチーフにした和菓子もありました。記事はこちら

▼サクサクの生地と濃厚クリーム
岩シュー -せたなの甲田菓子店-

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは旅館ねとい温泉です。

【廃業】旅館ねとい温泉

旅館ねとい温泉は1964年に開業した小規模老舗温泉民宿。田んぼの真ん中に建物が建ちます。日帰り入浴料は350円。宿泊も可能です。自家製ジンギスカンが名物で評判が高いですよ。残念なことに、2018年5月に廃業したようです。以下、営業していた時の話です。

▼建物の外観
瀬棚のねとい温泉
▼昭和の雰囲気がある写真たち
瀬棚のねとい温泉
▼浴場入口
瀬棚のねとい温泉

浴場には内湯が1つ。タイル張りの浴室はこじんまりとした感じで、温泉分譲住宅に住んでいた親戚のおじさんの風呂場に似ていました。タイル張りの内湯は5人くらいが入浴できそうな大きさで、加温された温泉が使われています。

▼浴場の様子
瀬棚のねとい温泉
▼温泉湧出口
瀬棚のねとい温泉
▼内湯からの眺め
瀬棚のねとい温泉
▼無色透明なお湯
瀬棚のねとい温泉

お湯は単純泉で、無色、透明、無味、無臭。少しツルリとした触感です。温泉成分の総計は0.572g/kg。循環式のため、飲泉はできません。シャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所には無料のドライヤーがありますが、トイレはありません。浴場の入口にトイレがあるので、事前に用を済ませておきましょう。

▼脱衣所
瀬棚のねとい温泉
▼休憩室
瀬棚のねとい温泉
▼休憩場所
瀬棚のねとい温泉

私が入浴したねとい温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼ねとい温泉の様子

泉質 単純泉(アルカリ性低張性微温泉)
源泉の泉温 25.6℃
ph 8.7
適応症 神経痛、筋肉痛、打ち身、くじき、慢性消化器病、慢性皮膚病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 内湯(1)。男女別の入浴
日帰り入浴料金 大人:350円。小人:150円。
営業時間 15:00~20:30
休日 無休
駐車場 30台有
電話番号 0137-84-5141
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 467 577 530*42

宿泊施設リスト

ねとい温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

民宿ねとい温泉(Minshuku Netoi Onsen)
Booking
じゃらん
楽天

Comment

Comment