• 温泉
  • TouristSpots
  • CentralArea

【長沼温泉】日帰りで強食塩泉が楽しめるふれあいセンター

2014/4/27

長沼温泉

長沼温泉は札幌市の東方面に位置する長沼町の温泉地。長沼コミュニティ公園の敷地内に一軒宿の長沼温泉 ふれあいセンターが建ちます。周辺にはパークゴルフ場・野外ステージ・マオイオートキャンプ場・東庭園・カフェ・飲食店があります。ハイジ牧場や馬追温泉も比較的近いです。長沼温泉は1988年には厳しい審査を突破し、国民保険温泉地として環境大臣から指定され、北海道に15箇所ある国民保険温泉地の一つになっています。

▼パークゴルフ場
長沼温泉

長沼と言えば、ジンギスカンが有名で、長沼ジンギスカン・かねひろジンギスカン・さとうジンギスカンといくつかブランドがあります。美味しいお店としては、ほくほく庵・手打ち蕎麦 杜若・あいチュらんど・いわき・あいすの家・ハーベストが特に人気です。私はあいチュらんどで食べましたが、美味しかったですよ。

▼長沼コミュニティ公園
長沼温泉

あいチュらんど

あいチュらんどは札幌の東南方面の長沼にある人気スイーツショップ。長沼温泉が比較的近いです。ソフトクリーム、パフェ、シェイク、クレープを販売していて、お客さんが絶えないお店として知られています。私が訪問したのは平日の午後14:30頃。こんな時間ですが、既に駐車場にはかなりの車が停車しています。皆さんが買っているのは、ソフトクリームのバニラ味が多そう。そこで、私もソフトクリームのバニラ味を買うことに。値段は普通サイズで300円です。3分もせずにバニラ味が現れました。まずすぐに思うことが、デカい!高さは13cmくらいですかね。これはコスパがかなりよさそうです。そして、頂くとそれほど甘すぎず、かなり濃厚なミルクの味がします。まさに北海道と言える味ですね。うまい!お客さんが絶えない理由もわかる気がします。記事はこちら

▼バニラ味
ソフトクリーム -長沼のあいチュらんど-

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは長沼温泉 ふれあいセンターです。

▼ウォーターパーク
長沼温泉

長沼温泉 ふれあいセンター

長沼温泉ふれあいセンターは日東創業が運営する小規模温泉宿。1987年に開業しました。とても人気があり、週末はだいたい混みあいます。私が訪れた平日の日中も、お客さんが多数訪れていて、インドの方々も温泉を楽しんでいました。敷地内にはジンギスカンが食べられるレストランやどぶろくと源泉豆腐を販売しているお店があり、こちらも評判です。日帰り入浴料は600円。建物内にはレストラン「はまなす」と売店があり、日帰り入浴者も利用できます。入浴とランチセットを1300円で提供中。もちろん宿泊も可能です。

▼浴場入口
長沼温泉 ふれあいセンター

建物は本館と別館と2つあり、別館の1階に浴場があります。浴場には露天風呂が1つ、内湯が2つ、ジェットバスが1つ、ジャグジーが1つ、打たせ湯が1つ、水風呂とサウナが2つづつ。浴室は大きく2つに分かれ、入り口も2つあります。でも、中でつながっていますよ。タイル張りの浴室は窓が大きく、太陽の光も降り注ぎ、気持ちの良い空間です。ほとんどの浴槽は、熱交換器で泉温を下げた100%天然源泉掛流の温泉を使っています。

▼大きい浴場の様子
長沼温泉 ふれあいセンター

大きな浴室には大きな内湯、三角形のジェットバス、低温サウナがあり、内湯は20人くらいが入浴できそうな大きさで、ジェットバスは2人くらいが入浴できそうな大きさです。小さな浴室には小さな内湯、円形のジャグジー、高温サウナ、水風呂があります。小さな内湯は10人くらいが入浴できそうな大きさで、ジャグジーは2人くらいが入浴できそうな大きさです。ジャグジーは威力が強く、入浴者の評判が高いそうですよ。

▼大きな内湯
長沼温泉 ふれあいセンター
▼温泉湧出口
長沼温泉 ふれあいセンター
▼大きな内湯からの眺め
長沼温泉 ふれあいセンター
▼源泉掛流のお湯が溢れている
長沼温泉 ふれあいセンター
▼お湯は淡い緑色
長沼温泉 ふれあいセンター
▼ジェットバス
長沼温泉 ふれあいセンター
▼温泉湧出口
長沼温泉 ふれあいセンター
▼小さいサウナ
長沼温泉 ふれあいセンター

露天風呂は岩風呂になっていて、6人ほどが入浴できそうな大きさです。目隠しがあるので、入浴しながらは景色は楽しめませんが、立てば長沼公園が見えます。屋根が無いので、開放感があります。

広告

▼露天風呂
長沼温泉 ふれあいセンター
▼温泉湧出口
長沼温泉 ふれあいセンター
▼露天風呂からの眺め
長沼温泉 ふれあいセンター
▼屋根が無いので開放感がある
長沼温泉 ふれあいセンター
▼長沼コミュニティ公園が見える
長沼温泉 ふれあいセンター

お湯はナトリウム-塩化物強塩泉で、淡い緑色、透明、塩味、無臭です。温泉成分の総計は20.12gkg。なかなか濃い温泉ですね。お湯もかなり塩っぱいので身体が温まります。浴場にはシャンプーとボディソープが備え付けられ、脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置してあります。休憩室ではソフトクリームを販売していて、今回はおまけして大きいのを頂いちゃいました。ありがとうございます!

▼脱衣所
長沼温泉 ふれあいセンター
▼無料休憩所
長沼温泉 ふれあいセンター
▼バニラと夏みかんのソフトクリーム
長沼温泉
▼冷たい水も無料で提供中
長沼温泉 ふれあいセンター

私が入浴したふれあいセンターの雰囲気を動画で確認できます。

▼ふれあいセンターの様子

泉質 ナトリウム-塩化物強塩泉(弱アルカリ性高張性高温泉)
源泉の泉温 50.2℃
ph 7.7
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔症、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど、虚弱児童
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、甲状腺機能冗進症、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(6)、サウナ(2)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:600円。小人:300円。乳児:無料。
営業時間 09:00~22:00
休日 年中無休
駐車場 300台有
電話番号 0123-88-2408
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 139 027 040*16

宿泊施設リスト

長沼温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

ふれあいセンター(Fureai Center)
Booking

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください