• 自然
  • TouristSpots
  • EasternArea

地球じゃないみたいな景色が広がる -弟子屈の硫黄山-

2014/8/26

硫黄山は弟子屈の川湯と屈斜路湖の間に位置する標高512mの活火山。いおうざんと呼び、本当の名前はアトサヌプリです。硫黄の鉱山があったので、硫黄山と呼ばれ始めました。噴火口が大小合わせて1500箇所以上あり、今もモクモクと蒸気が吹き出しています。茶色の地肌と硫黄で変色したウグイス色や黄色が目につく不思議な光景が広がり、腐った卵のような硫黄の臭いが漂っていました。

▼道路から見た硫黄山
弟子屈の硫黄山
▼硫黄山の麓
弟子屈の硫黄山
▼硫黄山
弟子屈の硫黄山

ここから川湯温泉まで2.8kmのつつじケ原自然探勝路があり、ツツジやハイマツなどを観察できます。ツツジの見頃は6月~7月。敷地内にはレストハウスがあり、建物の中には土産物屋とトイレがあります。温泉卵も名物です。駐車場は有料です。冬は営業を休止しますが、駐車場は無料で使用できます。

▼硫黄山レストハウス
弟子屈の硫黄山
▼つつじケ原自然探勝路
弟子屈の硫黄山
▼ハイマツの枯れ木。硫黄が原因?
弟子屈の硫黄山

硫黄山の雰囲気を動画で確認できます。

▼硫黄山の様子

入場料 無料
駐車場 有料駐車場100台有、乗用車:410円 ※摩周湖第一展望台駐車場にも駐車することが可能
営業時間 08:30~17:00
休日 冬季
電話番号 015-483-2670
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 731 713 826*32

宿泊施設

硫黄山周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。

湯の閣 池田屋(Yunokaku Ikedaya)    
川湯第一ホテル 忍冬(Kawayu Daiichi Hotel SUIKAZURA)    
名湯の森ホテルきたふくろう(Meitonomori Hotel Kitafukuro)  
お宿 欣喜湯(Kinkiyu Hotel)  
国民宿舎 ホテル川湯パーク(Kokuminshukusha Hotel Kawayu Park)    
ホテルパークウェイ(Hotel Parkway)  
川湯観光ホテル(Kawayu Kanko Hotel)  
KKR川湯(KKR Kawayu)    
旅人の宿 あさ寝坊(Tabibito-no-Yado Asanebo)  
屈斜路湖荘(Kussharokoso)  
屈斜路湖ホテル(Kussharoko Hotel)  
Booking.com

阿寒国立公園のページはこちら

阿寒国立公園

Comment

Comment