• 自然
  • TouristSpots
  • EasternArea

【弟子屈の硫黄山】大地の息吹を間近で感じる活火山

2014/8/26

硫黄山

硫黄山は摩周湖と屈斜路湖の中間にある弟子屈町の標高512mの活火山。阿寒摩周国立公園内に位置し、硫黄の鉱山があったので、硫黄山(いおうざん)と呼ばれました。本当の名前は、アイヌ語で裸の山を意味するアトサヌプリです。約1000~1500年前に溶岩ドームを形成しました。噴火口が大小合わせて1500箇所以上あり、今もモクモクと蒸気が吹き出しています。薄い茶色の地肌と硫黄で変色したウグイス色や黄色が目につく不思議な光景が広がり、腐った卵のような硫黄の臭いが漂います。入場料は無料。駐車料金は500円です。冬は営業を休止しますが、駐車場は無料で使用できます。

▼硫黄山
弟子屈の硫黄山

▼硫黄山の様子

敷地内には硫黄山レストハウス・つつじケ原自然探勝路・駐車場が建ちます。硫黄山レストハウスの1階には土産物屋とトイレがあり、2階には硫黄山ネイチャーホールがあります。温泉卵が名物で、かなりの人気です。硫黄山ネイチャーホールでは、アトサヌプリの歴史や自然環境について解説しています。また、ここから川湯温泉まで2.8kmのつつじケ原自然探勝路が設置されていて、ツツジやハイマツなどを楽しみながら散策が可能です。ツツジの見頃は6月~7月。白銀に覆われた冬のアトサヌプリも評判が高いようです。

▼硫黄山レストハウス
弟子屈の硫黄山
▼イソツツジ(出典:Wikipedia
弟子屈の硫黄山
▼温泉たまご(出典:Wikipedia
弟子屈の硫黄山
▼つつじケ原自然探勝路
弟子屈の硫黄山
▼ハイマツの枯れ木。硫黄が原因?
弟子屈の硫黄山

川湯温泉から約3kmと近く、川湯温泉の源泉は硫黄山から供給されています。硫黄山には硫黄山温泉と呼ばれた温泉があるそうですが、落石事故により死傷者が出たため、立ち入りが禁止されています。また、このあたりには独立した飲食店やコンビニはありませんが、川湯温泉には飲食店・居酒屋・コンビニなどがあります。弟子屈で美味しいお店としては、弟子屈ラーメン 弟子屈総本店・味楽寿司・そば道楽・いなか家 源平・くりーむ童話が特に人気です。私は弟子屈ラーメンと上記以外にオーチャードグラスで食べましたが、美味しかったですよ。

摩周湖

摩周湖は阿寒湖の北東方面に位置する弟子屈町のカルデラ湖。アイヌ語で山の神の湖という意味です。湖の周囲長は19.8km、最大水深211m。バイカル湖に次いで、世界で2番目に透明度が高い湖として知られています。川が無く、雨が降っても、湖の水位が一定に保たれている不思議な湖です。摩周湖は霧が多く発生する場所で、晴れ間が少ないことから別名「霧の摩周湖」と言われています。湖面から高さ300m~400mの断崖に摩周第一展望台・摩周第三展望台・裏摩周展望台の3つの展望台があります。ちなみに、昔は第二展望台もありましたが、使われなくなり消失してしまいました。記事はこちら

▼摩周岳とカムイシュ島
弟子屈の摩周湖

屈斜路湖

屈斜路湖は阿寒湖の北東部に位置する弟子屈町にある日本最大のカルデラ湖。世界でも2番めに大きいカルデラ湖でもあります。湖の周囲長は57km。湖の真ん中には中島がありますが、上陸は禁止されています。冬には御神渡りと呼ばれる湖が氷結して起こる亀裂が発生するとか。日本の淡水湖の中では最大級で、全長10km高さ2mの氷の亀裂ができることがあるそうです。また、オオハクチョウの越冬地としても有名で、温泉によって凍らない水面で羽を休めています。記事はこちら

▼冬の屈斜路湖
弟子屈の屈斜路湖

川湯温泉

川湯温泉は釧路市の北部に位置する弟子屈町の有名温泉地。川湯温泉の周辺には、硫黄山・屈斜路湖・摩周湖があり、年間70万人近い観光客が訪れる観光拠点になっています。Phが約1.8で、秋田の玉川温泉・群馬の草津温泉・山形の蔵王温泉・青森の酸ヶ湯温泉とともに日本でも屈指の強酸性の温泉が楽しめる温泉地として人気があります。泉質に誇りを持ち、温泉街として「100%天然源泉掛け流し温泉」を掲げ、温泉施設は全て100%天然源泉掛け流し温泉を使用しています。記事はこちら

▼池田屋
弟子屈の川湯温泉-池田屋-

弟子屈ラーメン

弟子屈ラーメン総本店は釧路の北部に位置する弟子屈町のラーメン店です。2003年に札幌市で創業しました。しかし、店名に原点回帰し、弟子屈町に総本店を移したそうです。昔ながらの弟子屈のラーメンの味を復活させるべく、水は摩周湖の伏流水を使い、他店の3倍以上の豚骨を弱火で20時間煮込んだスープが使われています。記事はこちら

▼魚介絞り醤油
弟子屈ラーメン

オーチャードグラス

オーチャードグラスは釧路市の北部に位置する弟子屈町の川湯温泉駅駅舎にあるレストラン。オーチャードグラスとは牧草の品種のことで、川湯温泉駅が無人化した後の1987年に開業しました。駅も1930年に建築された木造の建物で、昭和の雰囲気が漂います。また、駅には足湯も併設されています。記事はこちら

▼ハンバーグの上に目玉焼きがのっている
ハンバーグ -弟子屈のオーチャードグラス-

硫黄山の麓

噴煙を吹き上げる硫黄山の雄大な姿を硫黄山の麓から眺めることができます。昔は硫黄山の頂上まで登山できたそうですが、落石事故により死傷者が出たため、現在は入山が禁止に。山の麓も柵が設けられ、限られた範囲でしか観察できません。しかし、あちこちに噴気群があり、比較的近くで見ることも可能です。生きた大地の息吹を存分に感じ取ってください。

広告

▼道路から見た硫黄山
弟子屈の硫黄山
▼噴気群(出典:Wikipedia
弟子屈の硫黄山
▼硫黄山の麓
弟子屈の硫黄山
▼硫黄山
弟子屈の硫黄山

硫黄山の雰囲気を動画で確認できます。

▼硫黄山の様子

入場料 無料
駐車場 有料駐車場100台有、乗用車:500円 ※摩周第一展望台駐車場にも駐車することが可能
営業時間 08:30~17:00
休日 冬季
電話番号 015-483-2670
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 731 713 826*32

宿泊施設

硫黄山周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。どのような宿泊施設なのか、口コミや写真などで詳しい情報を知ることができます。

湯の閣 池田屋(Yunokaku Ikedaya)
川湯第一ホテル 忍冬(Kawayu Daiichi Hotel SUIKAZURA)
名湯の森ホテルきたふくろう(Meitonomori Hotel Kitafukuro)
お宿 欣喜湯(Kinkiyu Hotel)
国民宿舎 ホテル川湯パーク(Kokuminshukusha Hotel Kawayu Park)
Booking
楽天
ホテルパークウェイ(Hotel Parkway)
川湯観光ホテル(Kawayu Kanko Hotel)
KKR川湯(KKR Kawayu)
Booking
楽天
旅人宿 あさ寝坊(Asanebo)
じゃらん
楽天
コテージログハウス川湯(Cottage Loghouse Kawayu)
Booking
じゃらん
ホテル 開紘(Hotel Kaiko)
Booking
じゃらん
楽天
Ezo ライダーハウス(Ezo Rider House)
Booking
じゃらん
楽天
ARtINn 極寒藝術伝染装置(ARtINn Extra Cold Art Infectious Device)
じゃらん
楽天
Booking.com

阿寒摩周国立公園のページはこちら

阿寒摩周国立公園

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください