• 地域
  • TouristSpots
  • SouthernArea

教会群と和風建築がいい具合に溶け込んだ景色 -函館の元町宗教エリア-

2017/6/28

元町宗教エリアは、函館山の麓の函館山ロープウェイと元町公園の間にあります。二十間坂、大三坂、八幡坂に沿って、ハリストス正教会・カトリック元町教会・函館聖ヨハネ教会の教会群や妙福寺・東別院大谷派函館院と言ったお寺や佐藤理容院などのとても渋い建物が点在しているエリアです。歴史的に貴重な建築物やとても大きな建築物が石畳の道路に沿って立ち並び、坂の上から眺める景色はとても画になります。

▼函館山から見た元町
函館山

元町宗教エリアは、函館の19坂の中で人気の坂が集まった場所でもあります。二十間坂は、幅二十間(36m)のアスファルトの坂。名前の由来は静内二十間道路と似たようなものです。通り沿いには巨大な寺院で知られる東別院大谷派函館院やカレーで有名な五島軒があります。

▼二十間坂
函館の元町宗教エリア

大三坂は、日本の道100選に選ばれた石畳の坂。街路樹と石畳の道路がいい感じ。通り沿いには、カトリック元町教会・聖ヨハネ教会・ハリストス正教会・妙福寺があります。道が細くなる部分はチャチャ登りという道で、チャチャはアイヌ語でおじいさんを意味するそう。腰を曲げる必要があるほど急だという意味みたいです。結婚を誓ったカップルたちの写真ポイントでもあります。

▼大三坂
函館の元町宗教エリア
▼チャチャ登り
函館の元町宗教エリア
▼結婚記念撮影のメッカ
函館の元町宗教エリア

八幡坂は、海が見渡せる石畳の坂。19の坂の中でもトップクラスのビュースポットです。NIKKEI STYLEによれば、観光で訪れたい坂の名所で、堂々の1位を獲得しました。日本各地の三年坂やオランダ坂などの有名な坂よりも上位にあるのはスゴいことだと思います。

▼八幡坂
函館の元町宗教エリア
▼石畳の通り
函館の元町宗教エリア

ハリストス正教会は日本最古のギリシャ正教会。1858年にロシア領事館の礼拝堂として建築されました。しかし、1907年に火災で焼失。現在のビザンティン建築・ロシア建築の主の復活聖堂は1916年に再建され、重要文化財に指定されています。鐘の音色が美しく、日本の音風景100選にも選ばれるほど。別名「ガンガン」寺とも呼ばれています。建物への入館料は200円。

▼ハリストス正教会の入口
函館の元町宗教エリア
▼ハリストス正教会の様子
函館の元町宗教エリア
▼主の復活聖堂
函館の元町宗教エリア
▼聖ニコライの碑
函館の元町宗教エリア

函館聖ヨハネ教会は、1874年に函館で布教を開始しました。建物の形がとてもかっこよく、函館の街ととても相性がいいです。画になりますね。昔からこの建物かと思っていたら、1979年に建てられたものだそう。だからモダンな感じなんですな。上から見ると屋根が十字になっているそうで、細かい演出にも手が込んでいます。設計者は小向春夫さん。すごい!教会内には、パイプオルガンやステンドグラスの装飾がなされているそうで、05月01日~11月03日の期間限定で見学もできるとか。

▼函館聖ヨハネ教会の入口
函館の元町宗教エリア
▼函館聖ヨハネ教会
函館の元町宗教エリア
▼天国の庭
函館の元町宗教エリア

カトリック元町教会は、1859年にフランス人宣教師メルメ・デ・カションさんが活動を始めたのが起源。現在のレンガ造りの教会は1924年にゴシック様式の聖堂として建てられました。見学も可能です。

▼カトリック元町教会の入口
函館の元町宗教エリア
▼カトリック元町教会
函館の元町宗教エリア
▼カトリック元町教会の屋根
函館の元町宗教エリア
▼チャチャ登りの上から眺める
函館の元町宗教エリア
▼妙福寺
函館の元町宗教エリア
▼東別院真宗大谷派函館別院
函館の元町宗教エリア
▼佐藤理容院
函館の元町宗教エリア
▼普通の民家すらかっこいい
函館の元町宗教エリア
▼路地も昔の雰囲気がある
函館の元町宗教エリア

宿泊施設

元町周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。

ホテル函館山(Hotel Hakodateyama)  
ホテル八幡坂(Hotel Hachimanzaka)    
ウイニングホテル(Winning Hotel)  
ペンション じょう蔵(Pension Jokura)    
シェアハウス みやび(Share House Miyabi)    
函館ペリーハウス(Hakodate Perry House)  
函館元町ホテル(Hakodate Motomachi Hotel)  
Booking.com

函館についてのページはこちら

函館

Comment

Comment