• 温泉
  • TouristSpots
  • CentralArea

【ニセコの京極温泉】日帰り温泉が楽しめる京極ふれあい交流センター

2014/5/6

京極温泉

京極温泉は札幌市の西南部に位置する京極町の温泉地。北海道道478号の沿線に京極ふれあい交流センターが建ちます。京極の中心地からは車で5分ほど。比較的町に近いです。周辺には京極噴出し公園・キャンプ場・パークゴルフ・テニスコート・ゲートボール場があります。京極で美味しい食べ物やさんとしては、名水うどん 野々傘・一心庵・自家焙煎珈琲かふぇもか店が特に人気です。私は名水うどん 野々傘で食べたことがあります。なかなか美味しかったですよ。

▼パークゴルフ
ニセコの京極温泉
▼テニスコート
ニセコの京極温泉

京極吹き出し公園

ふきだし公園は札幌の西側に位置するニセコの京極町にあり、道の駅「名水の郷きょうごく」に隣接しています。上流に羊蹄山の湧き水が1日8万トンも吹き出し、下流にその水が溜まって池が2つ出来ていました。この湧き水は日本名水百選にも選ばれた水で、美味しいことで有名。羊蹄山に降った雨や雪が地中で70年近く濾過されて湧出しているそうです。ミネラルが豊富なんですね。年間平均して6℃と冷たい上に、味もまろやか。クセがありません。記事はこちら

▼飲水場所。コップもある
ニセコ・京極吹き出し公園

名水うどん 野々傘

ニセコの京極にある名水うどん野々傘。ののさんと読みます。ご主人の野々田さんの名前にちなんでいるんですね。ご主人は脱サラして、うどん修行の旅に出て、この地でお店を2006年に開店しました。記事はこちら

▼ちく玉天うどん
ちく玉天うどん -京極の野々傘-

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは京極ふれあい交流センターです。

京極ふれあい交流センター

京極ふれあい交流センターは1996年に開業した日帰り温泉施設。地元の方に人気です。日帰り入浴料は600円。建物内には食堂もあります。

▼建物の外観
ニセコの京極温泉

浴場には露天風呂が1つ、内湯が2つ、ジャグジーが1つ、薬湯が1つ、水風呂とサウナが1つづつ。円形の浴室は、窓が大きいので、太陽の光が燦々と降り注ぎます。内湯・ジャグジー・薬湯は加温した温泉が使用されています。露天風呂は岩風呂になっていて、羊蹄山が眺められるのが特徴です。また、水風呂は吹き出し湧水のお水を使っているそうですよ。

▼大浴場(出典:京極ふれあい交流センター HP
ニセコの京極温泉

お湯はナトリウム塩化物・硫酸塩泉で、無色、透明、無味、無臭。消毒されているので、残念ながら飲泉はできません。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所には無料のドライヤーとトイレがあります。

泉質 ナトリウム塩化物・硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性温泉)
源泉の泉温 41.3℃
ph 7.6
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、 うちみ、くじき、慢性消化器病、慢性皮膚病、病後回復期、疲労回復、健康増進、慢性婦人病、虚弱児童、動脈硬化症、冷え性、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)、内湯(4)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:600円。小人:300円。
営業時間 10:00~21:00
休日 第2月曜日
駐車場 180台有
電話番号 0136-42-2120
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 385 675 757*30

宿泊施設

京極温泉附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。

かねまつ旅館(Kanematsu Ryokan) 電話:0136-42-2054
Booking.com

ニセコについてのページはこちら

ニセコ

Comment

Comment