• 地域
  • TouristSpots
  • EasternArea

大自然と美味しい食べ物が有名な釧路

2014/7/6

釧路

釧路市は18万人が住む北海道で4番目に大きな都市。北海道東部エリアの拠点です。太平洋からの風が吹付け、夏でも肌寒いです。気温が20度を越えることは少なく、1週間あれば暑い方でしょう。霧が出やすく、霧の街とも呼ばれています。冬は積雪が少ないのですが、気温は氷点下になり、路面が氷り、滑って転びやすいので注意が必要です。その気候のおかげで、スケートが盛ん。スケートやアイスホッケーの選手を多数輩出しています。

▼日本製紙クレインズ
釧路

釧路の魅力は雄大な大自然と魚介類などの食べ物です。特に自然は北海道内でも珍しい気候のため、とても特徴的。日本最大の湿原地帯である釧路湿原や原始林と溶岩から成る太古の姿を彷彿とさせる阿寒湖などが挙げられます。また、夕日が美しいことでも知られ、マニラ、バリとともに世界三大夕日の一つです。

▼幣舞橋の夕日
釧路

釧路は日本有数のタラ、さんま、イカといった魚介類の漁業基地。水揚げ高が日本の13%を占めているので、海鮮が美味しいことで有名です。鮭番屋や和商市場の勝手丼やつぶ貝専門店、囲炉裏で海産物を焼く炉端などユニークなお店が点在しています。その他、ざんぎ発祥の地としても知られ、さらに釧路ラーメンやスパカツなど釧路ならではの料理にファンが多いです。お酒を飲む方は赤ちょうちん横丁も釧路の歴史を感じさせてくれて、面白いと思います。

自然

釧路には雰囲気が大きく異る自然が2つあります。一つは釧路湿原。木々が少なく、サバンナのように背の低い植物が湿原を被っています。二つ目は阿寒湖。「火山」「森」「湖」が風景を作り出し、造形が複雑。釧路湿原とは対照的です。

釧路湿原

釧路湿原国立公園は年間50万人が訪れる北海道東部の定番観光地。18,290haの湿原で、日本の湿地の中で最大の広さを持ちます。1980年にラムサール条約に登録されて、開発が厳しく制限されました。珍しい動植物も多く、丹頂鶴を始め、北海道に100羽しかいないシマフクロウ、氷河期の遺存種のイイジマルリボシヤンマ、幻の魚と言われるイトウ、氷河期の遺存種のクシロハナシノブ、ツルコケモモ、ヤチボウズなどが確認されています。記事はこちら

▼釧路湿原
釧路湿原

湿原展望台遊歩道の雰囲気を動画で確認できます。

▼湿原展望台遊歩道の様子

阿寒湖

阿寒湖は釧路市の北部に位置する堰止め湖。1万年前に雄阿寒岳の噴火による溶岩で堰き止められ、阿寒湖、パンケトー、ペンケトーの3つの湖が生まれました。湖の周囲は25.9km。湖畔にはトドマツやアカエゾマツ、イタヤカエデなどの木々が植生し、原始の森に覆われています。2005年にラムサール条約の登録湿地なっています。記事はこちら

▼遊覧船
阿寒湖

阿寒湖の雰囲気を動画で確認できます。

▼阿寒湖の様子

食べ物

日本有数の漁港基地がある釧路。海鮮丼やラーメン、つぶ焼きなど新鮮な魚介に関する食べ物が多いです。また、北海道を代表するご当地料理「ざんぎ」の発祥の地としても有名。釧路独自の食べ物として、スパカツや阿寒やきとり丼などがあります。どれも観光客から人気の料理です。

ラーメン

北海道の第四のラーメンとも呼ばれる釧路ラーメン。あっさりした味の魚介系スープと細ちぢれ麺が特徴です。添加剤や防腐剤が使われない新鮮なラーメンである点も見逃せません。釧路市内の約100店近いお店で食べることができます。

銀水、まるひら、河むら、魚一の雰囲気を動画で確認できます。

釧路ラーメン 銀水の様子

釧路ラーメン まるひらの様子

釧路ラーメン 河むらの様子

釧路ラーメン 魚一の様子

海鮮

新鮮な魚介類を楽しめるのも釧路の魅力の一つ。漁港近くにある鮭番屋や和商市場で海鮮丼を食べることができます。また、ツブ貝専門店のかど屋なども有名です。その他、北海道三大回転寿司チェーン店の一つであるなごやか亭の本店もあります。

鮭番屋、和商市場、かど屋、なごやか亭の雰囲気を動画で確認できます。

鮭番屋のトキ丼の様子

▼和商市場の勝手丼の様子

つぶ貝 かど屋の様子

なごやか亭の本店の様子

ザンギ

鳥松は釧路市にあるザンギ店。釧路市の歓楽街である栄町の一画にあり、1960年に創業しました。北海道各地で食べられるザンギの元祖のお店として知られています。ただ、元祖と言われるお店はいくつかあるので、正確にはわかりません。それでも老舗として、多くのお客さんが訪れるのは事実ですね。記事はこちら

▼目の前でご主人がザンギを揚げる
ザンギ -釧路の鳥松-

ザンギとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼鳥松のザンギの様子

スパカツ

レストラン泉屋は釧路市末広町にある老舗レストラン。1958年に創業しました。半世紀近い歴史があります。泉屋を一躍有名にしたのが、スパカツ。カツレツをミートソーススパゲティの上にのせた料理です。特徴的なのが、お皿替わりの鉄板。とてもアツアツで、最後まで美味しく頂けます。釧路は雪が少ないのは良いのですが、風が冷たいので、温かい食べ物が求められていたのでしょうね。記事はこちら

▼アツアツ!
スパカツ -釧路のレストラン泉屋-

スパカツとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼レストラン泉屋 スパカツの様子

阿寒やきとり丼

阿寒焼き鳥丼は阿寒湖の新しい名物です。いくつかのレストランで食べられるので、それが食べられるレストランのうちの一つ、レストラン汽船に伺いました。レストランの横には駐車場があります。そこに車を停車し、2階のレストランに向かいました。記事はこちら

▼2種類の串とレタス巻きが特徴
阿寒焼き鳥丼 -釧路のレストランきせん-

阿寒焼き鳥丼とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼レストランきせん 阿寒焼き鳥丼の様子

牡蠣そば

玉川庵は釧路市鳥取にある有名そば店。牡蠣そばを生んだお店として知られ、ミシュランガイド北海道版2012で1つ星を獲得しました。ご主人は元々厚岸でそば屋を営まれていて、偶然、畑違いの牡蠣畑を買うことに。そこから3年かけて、泥臭い牡蠣を美味しく、そばに合わせる方法を発見したそうです。釧路に移転して約40年。完全に老舗そば店になりましたね。記事はこちら

▼具材は牡蠣、わかめ、ネギ
牡蠣そば -釧路の玉川庵-

牡蠣そばとお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼玉川庵 牡蠣そばの様子

豚丼

釧路市大楽毛にあるぶた福。釧路高専のすぐ近くです。釧路では豚丼はあまりメジャーではありませんが、ボリュームがあることで知られています。伺ったのは18時頃。L字型の店内には2組のお客さんが豚丼を食べていました。小上がりの座敷もあるので、家族連れでも大丈夫そうです。私はカウンター席に座ります。メニューを見て、ミックス豚丼をオーダーしました。値段は880円です。カウンター席の周りにはぶた福の記事を掲載したウェブサイトがプリントアウトされて壁に貼り付けられていて、まずこの状況に驚きますね。記事はこちら

▼こんもり盛られたお肉
豚丼 -釧路のぶた福-

豚丼とお店の雰囲気を動画で確認できます。

▼ぶた福の豚丼の様子

スイーツ

釧路の老舗和菓子店二幸や洋菓子とジェラートが美味しいペジブルが有名です。

ジェラテリア・ペジブル

ジェラテリア・ペジブルは釧路市双葉町にある人気の洋菓子店。2010年に開業しました。就労支援をしている社会福祉法人釧路のぞみ協会が経営しています。ケーキや焼き菓子などを販売していますが、美味しいと評判なのがジェラートです。そのジェラートを食べるために平日の16:00頃に訪問しました。店舗の前には3台の車が路上停車しています。店舗に入るとお客さんが3組。みなさん、ジェラートをオーダーしています。私も列に並び、順番を待ちました。記事はこちら

ペジブル いちごミルク、搾りたて牛乳、ピスタチオのトリプルの様子
スイーツ -釧路のペジブル-

その他の観光スポット

自然や食べ物以外にも観光スポットはあります。幣舞橋やまなぼっと展望台、釧路動物園、阿寒湖畔温泉や山花温泉リフレといった観光スポットにも観光客は訪れています。

幣舞橋

幣舞橋はロータリーの近くにある、花時計とともに一つの風景として知られていています。橋に設置された四季の女性像で有名です。舟越保武さん、佐藤忠良さん、柳原義達さん、本郷新さんにより製作された四季の像は4体あり、春・夏・秋・冬を現しています。また、札幌の豊平橋、旭川の旭橋とともに北海道三大名橋と呼ばれています。

▼幣舞橋
釧路
▼釧路川の流れ
釧路
▼橋の上から花時計を見る
釧路
▼夕日
釧路
▼釧路フィッシャーマンズワーフMooの夜景
釧路

幣舞橋の雰囲気を動画で確認できます。

▼幣舞橋の様子

入場料 無料
駐車場
営業時間
休日
電話番号 0154-31-1993
ホームページ ホームページはこちら

まなぼっと展望台

まなぼっと展望台は花時計が設置された丘の上にあります。最上階は、展望台になっており、釧路市を一望することが可能。夜景のスポットです。誰でも無料で入場できます。

▼まなぼっと展望台
釧路 まなぼっと展望台
▼夜景
釧路 まなぼっと展望台
▼夜景
釧路 まなぼっと展望台

まなぼっと展望台の雰囲気を動画で確認できます。

▼まなぼっと展望台の様子

入場料 無料
駐車場 無料
営業時間 09:00~22:00
休日 月曜日、年末年始
電話番号 0154-41-8181
ホームページ ホームページはこちら

釧路市幣舞町4-28

釧路駅→(徒歩約20分)

釧路市動物園

釧路動物園は山花公園の園内にあり、山花温泉リフレや釧路市ふれあいホースパーク、そしてオートキャンプ場に隣接しています。広い敷地が特徴で、47.8haの敷地に60種450点近い動物が飼育中。1975年に設立された、日本で一番東に位置する動物園です。園内には釧路湿原を再現した木道の散策路と遊園地も併設されています。また、なぜか山花墓地が敷地内にあったりと、霊園が動物園内にある日本でも数少ない動物園なんじゃないでしょうか。記事はこちら

▼デカイ!
エゾヒグマ -釧路動物園-

釧路動物園の雰囲気を動画で確認できます。

▼釧路市動物園の様子

阿寒湖畔温泉

阿寒湖畔温泉は釧路市と旭川市の中間に位置する阿寒湖にある温泉街。年間150万人が訪れます。1858年にはアイヌの人々が温泉を利用していました。歴史ある温泉です。温泉街には13の宿泊施設があるほか、足湯や手湯、土産屋、飲食店、フェリー、キャンプ場などがあります。記事はこちら

▼大きいまりもちゃん
阿寒湖畔温泉 まりも湯

まりも湯の雰囲気を動画で確認できます。

▼まりも湯の様子

山花温泉

山花温泉リフレは釧路市にある温泉宿。近くには釧路動物園があります。山の湯と花の湯の2つの浴場があり、毎日男性と女性の浴場を交換中。浴場内には露天風呂、内湯、ジャグジー、ジェトバス、打たせ湯、薬湯、水風呂、サウナがあります。露天風呂は囲いに覆われているので、残念ながら見晴らしはあまり良くありません。記事はこちら

▼ロビー
釧路 山花温泉リフレ

宿泊施設

釧路市内外の宿泊施設は以下を参考にしてください。

Booking.com

Comment

Comment