• 自然
  • FamousSpots
  • EasternArea

湿原を通り越しサバンナ草原や海という表現が相応しい雄大な景色 -釧路湿原国立公園-

2014/7/7

釧路湿原国立公園

釧路湿原国立公園は年間50万人が訪れる北海道東部の定番観光地。18,290haの湿原で、日本の湿地の中で最大の広さを持ちます。1980年にラムサール条約に登録されて、開発が厳しく制限されました。珍しい動植物も多く、丹頂鶴を始め、北海道に100羽しかいないシマフクロウ、氷河期の遺存種のイイジマルリボシヤンマ、幻の魚と言われるイトウ、氷河期の遺存種のクシロハナシノブ、ツルコケモモ、ヤチボウズなどが確認されています。

▼釧路湿原
釧路湿原

釧路湿原の観光スポットは大きく分けると、西部と東部に分けられます。西側は遊歩道が充実し、東側ではカヌーで川を下るアクティビティが目玉です。湿原を堪能するポイントは3つ。湿原内に点在する展望台を巡り眺望を楽しむこと、散策路を歩き近くで植物を観察すること、カヌーなどで釧路川を下ることが挙げられるでしょう。広大な湿地のため、自家用車もしくはレンタカーで移動することをオススメします。公共のバスでは待ち時間が多いので、時間が全然足りません。

▼ヤチボウズ
釧路湿原国立公園

その他、4月~9月の期間限定で、湿原の観光に特化した鉄道「くしろ湿原ノロッコ号」が「釧路」駅から「塘路」駅の間まで運行されます。釧路湿原を南北に横断するように線路が敷設されているため、車での移動では見ることができない、釧路川との接近や岩保木水門を車窓から眺めることが可能です。冬には、「釧路」駅から「標茶」駅の間、冬の湿原「SL冬の湿原号」を運行。1月~3月の期間限定のイベントです。冬の釧路湿原の代表である丹頂鶴を見かけると電車を停止させることもあるそうです。最後に、蚊がとても多いです。防虫対策は万全に!
■ 釧路湿原の観光用PDF(日本語・英語)

釧路湿原の西部

釧路湿原の西側に「釧路湿原展望台」「北斗展望台」「温根内ビジターセンター」があります。その周辺に湿原の中を散策できる遊歩道が整備されています。西側は遊歩道が充実し、湿原内を歩いて体感することが一番の楽しみ方です。

釧路市湿原展望台

釧路市湿原展望台は釧路湿原の西側にあるヤチボウズの形をした建物。毛綱毅曠(もづな きこう)が設計し、1984年に建てられました。釧路湿原の中でも珍しい有料施設です。建物にはカフェや釧路湿原の資料が展示されています。また、3階の展望台から釧路湿原の眺望を楽しむことが可能です。ここから眺める釧路の夜景が綺麗で、デートスポットになっています。駐車場は無料。記事はこちら

▼サテライト展望台から見た釧路湿原
釧路湿原展望台の遊歩道

釧路市湿原展望台遊歩道の雰囲気を動画で確認できます。

▼釧路市湿原展望台遊歩道の様子

北斗展望地

北斗展望地は、釧路湿原の西側の釧路市湿原展望台から北側に約1km離れた場所にあります。北斗パーキングと同位置にあり、駐車場を兼ねた場所。まあ、ほぼ駐車場です。施設が何かある訳ではありません。そこからは無料で釧路湿原を望むことができます。入場料と駐車場は無料。記事はこちら

▼北斗展望地
釧路湿原国立公園 北斗展望地

北斗展望地の雰囲気を動画で確認できます。

▼北斗展望地の様子

温根内ビジターセンター

温根内ビジターセンターは釧路湿原の西側にあり、湿原についての知識や情報を得ることが出来るインフォメーション・センター。湿地の中に木道を設置した温根内木道があります。ヨシ・スゲ・ミズゴケといった多彩な湿原や植物を観察でき、1周約1時間で歩くことが可能です。入場無料。駐車場も無料。記事はこちら

▼木道
釧路湿原国立公園 温根内ビジターセンター

温根内ビジターセンターの雰囲気を動画で確認できます。

▼温根内ビジターセンターの様子

釧路湿原の東部

鉄道に沿って「細岡展望台」「塘路湖」「茅沼」など有名な観光地が点在しています。釧路川の蛇行や阿寒方面の山並みをバックにした景色を眺めながら、釧路湿原の美しさや雄大さが楽しめる場所です。東側は湿原の楽しみ方も多彩で、見ても良し、歩いても良し、カヌーで下っても良しと色々体験することができます。宮島岬やキラコタン岬という穴場もあるそうです。いつか行きたいな。

細岡展望台

細岡展望台は、釧路湿原の東側にある釧路湿原の中では最も定番な観光地。第一展望台と第二展望台と休憩が可能な細岡ビジターラウンジがあります。細岡ビジターラウンジにはトイレ、カフェと土産物屋が設置されているので、一息つけますよ。雄阿寒岳・雌阿寒岳の稜線を背景に釧路湿原の中を釧路川が蛇行している有名な風景を楽しめることが人気の理由です。釧路湿原に沈む夕日の美しさも評判で、一度は見ておきたい場所と言われています。入場料と駐車場は無料。記事はこちら

▼細岡展望台第一展望台
釧路湿原国立公園 細岡展望台

細岡展望台の雰囲気を動画で確認できます。

▼細岡展望台の様子

細岡カヌーポート

細岡カヌーポートはカヌーの離発着場。カヌーポートと駐車場以外には何もありません。釧路湿原の大人気アクティビティであるカヌーが楽しめるというもの。湿原の中を流れる釧路川をカヌーで下り、川の上から自然を体感できます。岩保木水門まで約2時間、運が良ければ、「タンチョウ」「オジロワシ」と言った動物に出会えるかもしれません。カヌーツアーを主催している会社がいくつかあるので、事前予約と体験料金を支払う必要があります。記事はこちら

▼カヌーポート
釧路の細岡カヌーポート

細岡カヌーポートの雰囲気を動画で確認できます。

▼細岡カヌーポートの様子

達古武沼

達古武沼は釧路湿原の東側にある周囲約5kmの淡水湖。沼の北側に達古武オートキャンプ場があり、これが唯一の施設です。オートキャンプ場にはセンターハウスがあり、キャンプ場利用者じゃなくても、食事や休憩ができます。ちなみに、沼には阿寒湖と同じく、マリモが棲息しているとのこと。また、達古武オートキャンプ場から丘に沿って全長2.3kmの達古武夢ヶ丘歩道が整備され、終点には夢ヶ丘展望台があります。釧路湿原の中を鉄道の線路が横切る風景を見ることが可能。自然の中に人工物が溶け込んだ釧路湿原の別な表情を垣間見ることができます。記事はこちら

▼達古武沼
釧路湿原国立公園 達古武沼
▼釧路川の蛇行と線路の景色が人気に
釧路の達古武沼

達古武沼の雰囲気を動画で確認できます。

▼達古武沼の様子

夢ヶ丘展望台の雰囲気を動画で確認できます。

▼夢ヶ丘展望台の様子

塘路湖

塘路湖は釧路湿原の東側にある周囲約18kmの淡水湖。釧路湿原の中で最大の湖です。湖には阿寒湖と同じく、マリモが棲息しているとのこと。湖周辺には、塘路ネイチャーセンター、塘路湖エコミュージアムセンター、塘路元村キャンプ場、塘路湖畔歩道、フィトンチッドの森歩道があり、約60分で周遊することができます。このほか、サルボ展望台やサルルン展望台も近いです。釧路湿原の大人気アクティビティであるカヌーが楽しめるというもの。湿原の中を流れる釧路川をカヌーで下り、川の上から自然を体感できます。カヌーツアーを主催している会社がいくつかあるので、事前予約と体験料金を支払う必要があります。入場無料。駐車場無料。記事はこちら

▼塘路湖
標茶の塘路湖
▼カヌーが並ぶ
標茶の塘路湖

カヌーの雰囲気を動画で確認できます。

▼カヌーの様子

サルボ展望台とサルルン展望台

サルボ展望台とサルルン展望台は釧路湿原の東側にあり、塘路湖の北西側に位置しています。このあたりは釧路湿原の中でも湖沼が多い場所で、湿原と湖沼と道路や線路の組み合わせが素晴らし景色を生み出していますよ。サルボ展望台とサルルン展望台は途中まで結構急な木道を進み、山頂附近で左右に別れる感じです。ところで、駐車場では車上荒らしが発生するそうなので、用心してください。入場料と駐車場は無料です。記事はこちら

▼サルボ展望台からの眺め
釧路湿原国立公園 サルボ展望台
▼サルルン展望台からの眺め
釧路湿原国立公園 サルルン展望台

サルボ展望台の雰囲気を動画で確認できます。

▼サルボ展望台の様子

サルルン展望台の雰囲気を動画で確認できます。

▼サルルン展望台の様子

二本松展望地

二本松展望地は標茶にある展望地。釧路川にかかる二本松橋の近くにあるので、二本松展望地と呼ばれているようです。きちんとした観光名所ではないので、施設は何もありません。目印も特に無く、隠れた名所として知られています。私も山の斜面にある踏み跡を頼りに見つけることができました。獣道を歩くこと10分程で、白い土が露出している場所が二本松展望地です。見晴らしが抜群で、細岡展望台とはまた違った趣の釧路湿原を眺められます。車でもすぐ近くまで来れますが、道路は起伏が激しいので、オフロードカーなどでないと厳しいかもしれません。入場無料。記事はこちら

▼二本松展望地からの眺め
標茶の二本松展望地

二本松展望地の雰囲気を動画で確認できます。

▼二本松展望地の様子

コッタロ湿原

コッタロ湿原は釧路湿原の北部に隣接した釧路湿原とは別の湿原です。コッタロとはアイヌ語で「水が湧くところ」という意味だそう。名前に相応しい湿地ですね。釧路湿原でないことから、観光客はあまり訪れませんが、自然を満喫できる穴場と言えるでしょう。原始の自然を感じさせる景観で、釧路湿原国立公園の特別保護地区に指定されています。タンチョウの営巣地で、春~夏に出会えるチャンスがあるようです。湿原の間に北海道道1060号クチョロ原野塘路線という砂利の一本道があり、道路沿いに第一展望台、第二展望地、第三展望地の3つ展望台があります。第三展望地は小山の上にあるらしいですが、見つけにくく、私は見つけられませんでした。記事はこちら

▼第一展望台からの眺め
釧路湿原国立公園 第一展望台

第一展望台の雰囲気を動画で確認できます。

▼第一展望台の様子

シラルトロ湖

シラルトロ湖は釧路湿原国立公園の北部に位置し、コッタロ湿原の東側にある周囲約7kmの淡水湖。シラルトロとはアイヌ語で「川の中の岩の間」という意味があるそうですが、詳しくは解明されていないようです。沼の東側を国道391号が走り、湖の西側を線路が走り、間を挟まれる感じになっています。国道沿いの冷泉橋附近に駐車場があり、湖を眺めることが可能。湖の北側には憩の家「かや沼」とシラルトロ湖キャンプ場があります。湖には阿寒湖と同じく、マリモが棲息しているとのこと。記事はこちら

▼シラルトロ湖
標茶のシラルトロ湖

シラルトロ沼の雰囲気を動画で確認できます。

▼シラルトロ沼の様子

茅沼

タンチョウの餌付けで有名です。冬場には茅沼駅の近くで給餌を行うことから、タンチョウが見られる駅と評判になりました。徒歩15分の場所に憩の家「かや沼」があり、温泉に入れます。

タンチョウの雰囲気を動画で確認できます。

▼タンチョウの様子

入場料 無料
駐車場 無 ※路肩に車を停車
営業時間 24時間
休日 年中無休
電話番号 -
ホームページ

温泉

かつては海だった釧路湿原。だからなのでしょう。釧路湿原内にある茅沼温泉と釧路湿原南部にある山花温泉では、塩っぱい温泉が楽しめます。また、釧路湿原の北部にある下オソベツ温泉とオーロラ温泉では、モール泉を味わうことが可能です。

茅沼温泉

憩の家 かや沼は釧路市の北部に位置する標茶町の温泉宿。1978年に創業しました。釧路湿原国立公園の中に位置し、シラルトロ湖を臨む小高い丘にあるくしろ湿原パークという複合施設の一つです。温泉以外に、パークゴルフ場やキャンプ場があります。この緑地で丹頂鶴が見られることもあるようです。また、冬場には茅沼駅で丹頂鶴を餌付けしています。記事はこちら

▼露天風呂
標茶の茅沼温泉 憩の家 かや沼

茅沼温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼茅沼温泉の様子

下オソベツ温泉

味幸園は釧路市の北に位置する標茶町の日帰り温泉施設。湿原の中にあります。建物の前には庭があり、風情のある趣です。浴場はそれほど大きくはなく内湯が2つ。大きい方の内湯は5人くらいが入浴できそうな大きさで、小さい方の内湯は3人くらいが入浴できそうな大きさです。それぞれ、ライオンの口からお湯が湧出し、浴槽からはお湯が溢れ、源泉が掛け流されていました。記事はこちら

▼浴場の様子
下オソベツ温泉 味幸園 標茶

下オソベツ温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼下オソベツ温泉の様子

オーロラ温泉

オーロラ温泉は標茶町のオーロラビレッジファームの施設の1つ。その他にはコテージ、キャンプ場、展望台といった施設が30万坪の敷地の中にあります。道外の観光客に人気があるのもわかるほど自然豊かで、山まるごとオーロラビレッジファームといった感じです。もちろん宿泊も可能で、レストランで食事を楽しむこともできます。源泉掛け流しのモール泉が楽しめることでも知られ、温泉ファンなら一度は訪れたい場所とも言えるでしょう。記事はこちら

▼混浴露天風呂
標茶のオーロラ温泉

オーロラ温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼オーロラ温泉の様子

山花温泉

山花温泉リフレは釧路市にある温泉宿。近くには釧路動物園があります。山の湯と花の湯の2つの浴場があり、毎日男性と女性の浴場を交換中。浴場内には露天風呂、内湯、ジャグジー、ジェトバス、打たせ湯、薬湯、水風呂、サウナがあります。露天風呂は囲いに覆われているので、残念ながら見晴らしはあまり良くありません。記事はこちら

▼ロビー
釧路 山花温泉リフレ

宿泊施設

釧路湿原附近の宿泊施設は以下を参考にしてください。

シラルトロ湖キャンプ場(Lake Shirarutoro Campsite)
Booking
じゃらん
楽天
くしろ湿原パーク 憩の家 かや沼(Kushiro Marshland National Park "Ikoi-no-Ie Kayanuma")
Booking
山花温泉リフレ(Yamahana Onsen Rifre)
Booking
サークルハウス赤いベレー(Circle House Red Beret)
Booking
駅前ホテル パルーデ釧路(Palude Kushiro)
スーパーホテル 釧路駅前(Super Hotel Kushiro-ekimae)
Booking
スーパーホテル釧路(Super Hotel Kushiro)
Booking
ホテルルートイン釧路駅前(Hotel Route-Inn Kushiro Ekimae)
ホテルエリアワン釧路(Hotel AreaOne Kushiro)
釧路センチュリーキャッスルホテル(Kushiro Century Castle Hotel)
ラビスタ釧路川(La Vista Kushirogawa)
ホテルラッソ釧路(Hotel Rasso Kushiro)
コンフォートホテル釧路(Comfort Hotel Kushiro)
ホテルクラウンヒルズ釧路(Hotel Crown Hills Kushiro)
ホテルアクシアイン釧路(Hotel Axia Inn Kushiro)
釧路ロイヤルイン(Kushiro Royal Inn)
天然温泉ホテルパコ釧路(Hotel Paco Kushiro)
釧路プリンスホテル(Kushiro Prince Hotel)
ANAクラウンプラザホテル釧路(ANA Crowne Plaza Hotel Kushiro)
東横イン釧路十字街(Toyoko Inn Kushiro Jujigai)
Booking
釧路湿原 とうろの宿(Kushiroshitsugen Toro Inn)
Booking
アスリートイン(Athele Inn)
Booking
じゃらん
シラルトロ温泉 ロッジ シラルトロ(Lodge Shirarutoro)
Booking
鶴居どさんこ牧場(Tsurui Dosanko Ranch)
HP
Booking
じゃらん
ラスティングホテル(Lasting hotel)
Booking
民宿かのう(Minshuku Kano)
HP
Booking
じゃらん
ビジネスホテル フロンティア(Business Hotel Frontier)
Booking
じゃらん
ホテル マーシュランド(Hotel Marshland)
Booking
バリアフリーホテル メルシー(Hotel Mercci)
Booking
じゃらん
ビジネス旅館 富喜和荘(Business Ryokan Tokiwaso)
HP
Booking
じゃらん
ホテル マーシュランド別館(Hotel Marshland Annex)
Booking
民宿 休坂(Guest House Yasumizaka)
民宿グリーンパーク(Minshuku Green Park)
HP
Booking
じゃらん
すみれ旅館(Sumire Ryokan)
Booking
じゃらん
楽天
ビジネス ホテル 中園第一(Business Hotel Nakazono Daiichi)
Booking
じゃらん
若竹旅館(Wakatake Ryokan)
HP
じゃらん
楽天
ハートン ツリー(Heart'n Tree)
じゃらん
釧路湿原とうろユースホステル(Kushiro Shitsugen Tohro Youth Hostel)
楽天
Booking.com

釧路についてのページはこちら

釧路

Comment

Comment