• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

100年以上の歴史がある温泉 -北見温泉(ポン湯)三光荘-

2015/3/27

三光荘

三光荘は北見市の北西に位置する北見市留辺蘂町の温泉宿。創業は1898年とか。温泉の経営が始まる前のアイヌの時代から温泉として使われていました。ポン湯とはアイヌ語で小さな湯という意味だそうです。

▼看板
北見温泉(ポン湯) 三光荘

浴場には内湯が2つあり、泉質は一緒。温度が違います。ぬるい方がアイヌ時代から使われていたお湯。そこに打たせ湯が設置してあります。温かい方のお湯は15人が入れそうな浴槽。ジャグジーも備わっています。phが9.6と高く、かなりツルツルする触感。源泉が掛け流されているので、バスタブの淵にある大理石すらもツルツルになっています。危うく滑って転ぶ所でした。ご注意ください。また、飲泉口もあり、飲泉可能です。但し、効能はありません。

▼浴場内の様子
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼左側が温い温泉。右側がぬるい温泉
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼右側に打たせ湯と飲泉所がある
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼湧出口
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼無色透明の温泉
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼ぬるい内湯からの眺め
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼温い内湯からの眺め
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼源泉が絶えず掛け流される
北見温泉(ポン湯) 三光荘

お湯は単純温泉で、無色、透明、硫黄味、無臭。温泉成分の総計は0.358gと0.347g。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーが設置されていました。宿泊も可能です。

▼脱衣所
北見温泉(ポン湯) 三光荘
▼休憩所
北見温泉(ポン湯) 三光荘

私が入浴した北見温泉(ポン湯)の雰囲気を動画で確認できます。

▼北見温泉(ポン湯)の様子

泉質 (1)単純温泉(アルカリ性低張性温泉)
(2)単純温泉(アルカリ性低張性温泉)
源泉の泉温 (1)38.8℃
(2)43℃
ph (1)9.6
(2)9.6
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うつみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 なし
設備 内湯(3)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:500円。子供:150円。
営業時間 09:00~21:30
休日 無休
駐車場 10台有
電話番号 0157-42-2288
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 402 737 104*38

宿泊施設リスト

北見ポン湯温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

三光荘(Sankoso)
Booking

北見についてのページはこちら

北見

Comment

Comment