• 地域
  • TouristSpots
  • EasternArea

霧多布湿原と霧多布岬の高低差を眺められる -浜中の霧多布湿原センター-

2016/4/5

霧多布湿原センターは釧路と根室の中間に位置する浜中町にある霧多布湿原の西側の丘の上にあり、高い場所から湿原全体を展望できる施設。施設内にはカフェ、お土産物屋さんとトイレがあるほか、フィールドガイドも実施しています。アウトドアグッズのレンタルをしていて、マウンテンバイクが1000円で借りられます。湿地を体感できるように長靴や双眼鏡などもレンタルすることが可能です。霧多布湿原センターの麓には、やちぼうず木道が整備されています。入場料、駐車場共に無料。

▼建物の外観
浜中の霧多布湿原センター
▼建物の外観
霧多布湿原センター 浜中
▼霧多布岬(奥)と霧多布湿原(手前)
霧多布湿原センター 浜中
▼入口附近の霧多布湿原
浜中の霧多布湿原センター
▼鶴
浜中の霧多布湿原センター

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

やちぼうず木道は全長300mほどで、うっそうと生い茂る湿原の中を散策できる場所。霧多布湿原の中には、奥琵琶瀬野鳥公園霧多布ナショナルトラスト、霧多布湿原センターの3箇所に木道があり、その中で最も湿地を実感できる場所と言えるでしょう。やちぼうず木道の由来となったやちぼうずもあちこちに出来ていました。静かな場所なので、バードウォッチングで訪れる人も少なくないようです。

▼やちぼうず木道
浜中の霧多布湿原センター
▼湿原の中をいく
浜中の霧多布湿原センター
▼休憩スペース
浜中の霧多布湿原センター
▼やちぼうずがあちこちにある
浜中の霧多布湿原センター
▼木道
浜中の霧多布湿原センター
▼リュウキンカが咲いている
浜中の霧多布湿原センター
▼展望スペース
浜中の霧多布湿原センター
▼霧多布湿原
浜中の霧多布湿原センター

霧多布湿原は釧路湿原、サロベツ原野に次ぐ、国内3番目の面積を誇ります。広さは3168ha。1993年にラムサール条約に登録されました。花の湿原と呼ばれ、5月にエゾエンゴサクやミズバショウが咲き、6~8月にはワタスゲ、エゾカンゾウ、エゾリンドウなど400種類の草花が見られます。

▼霧多布湿原
琵琶瀬展望台 霧多布 浜中

やちぼうず木道の雰囲気を動画で確認できます。

▼やちぼうず木道の様子

入場料 無料
駐車場 無料駐車場50台
営業期間 09:00~17:00
休日 10月~04月 火曜日。年末年始
電話番号 0153-65-2779
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 614 607 049*78

宿泊施設リスト

霧多布周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。

旅館 くりもと(Ryokan Kurimoto)  
民宿 岬(Minshuku Misaki) 電話:0153-62-2367
川村旅館(Kawamura Ryokan) 電話:0153-62-2326
えとぴりか村(Etopirikamura)  
民宿 伴架夢(Minshuku Bankamu) 電話:0153-62-2159
食の宿 霧多布里(Shoku-no-Yado Kiritappuri)    
民宿 わたなべ(Minshuku Watanabe)  
民宿 より道(Minshuku Yorimichi) 電話:0153-62-3359
民宿 玉の川(Minshuku Tama-no-Kawa) 電話:0153-65-2224
ペンション ポーチ(Pension Porch)    
宿房 樺のん(Shukubo Cabanon)  
ポロト案内舎(Poroto-annaisha)      

霧多布のページはこちら

霧多布

Comment

Comment