• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • SouthernArea

北海道最西端にある秘境温泉 -奥尻島の神威脇温泉-

2016/10/6

神威脇温泉

神威脇温泉は奥尻島の西部にある島内唯一の温泉地。北海道で最も西にある温泉地でもあります。北追岬公園と神威脇漁港に隣接しています。源泉かけ流しの温泉が楽しめることで知られています。夕日が綺麗なことでも有名です。日帰り入浴できるのは神威脇温泉保養所と温泉ホテル緑館で入浴することができます。

神威脇温泉保養所

神威脇漁港に隣接した神威脇温泉保養所は、1983年に開業しました。外観・内装ともに渋く、昭和の趣が濃いです。渋いもの好きには嬉しいですね。奥尻図鑑によると1日あたりの平均お客さん数は10人。かなりの確率でゆったり入浴できそうそうです。浴室が2つあり、1階と2階に分かれています。移動する際は、服を着なければなりません。

▼建物の外観
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼廊下
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

2階の浴場は展望風呂と呼ばれ、浴場には内湯が1つ。6人くらいが入浴できそうな大きさです。窓越しに神威脇漁港が見えます。浴場内は太陽が燦々として気持ち良いですね。お湯が絶えず掛け流され、常にお湯が溢れています。1階と同じ泉質のお湯ですが、こちらは褐色。酸化したみたいですね。浴場にはシャンプーとボディソープが備え付けられています。脱衣所にはトイレがあります。

▼2階の浴場入口
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼脱衣所
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼内湯
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼湧出口
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼排出口
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼外の眺め
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼茶褐色
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所

1階の浴場には内湯が1つ。3人くらいが入浴できそうな大きさです。お湯が絶えず掛け流され、常にお湯が溢れています。お湯は笹濁りで、本来のお湯に近いのはこちらなのでしょう。浴場にはシャンプーとボディソープが備え付けられています。脱衣所にはトイレが無いので、廊下のトイレで事前に用を足した方がよいでしょう。

▼1階脱衣所
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼内湯
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼温泉湧出口
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼温泉輩出口
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼内湯からの眺め
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所
▼素晴らしい石化した温泉成分
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所

お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉、笹色、混濁、塩味、金気臭。温泉成分の総計は12.35g。美肌に良いとされるメタケイ酸も158.6g含まれています。200gあると美肌の湯と言われているので、まあまあ美肌の湯と言えるでしょう。飲泉もできるようで、慢性消化器病、慢性便秘に効果があるとか。ただ、かなり塩っぱいのであんまり飲めないかもしれません。

▼休憩室
奥尻島の神威脇温泉 神威脇温泉保養所

私が入浴した神威脇温泉保養所の雰囲気を確認できます。

▼神威脇温泉保養所の様子

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(中性高張性高温泉)
源泉の泉温 63.0℃
ph 6.5
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 内湯(2)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:420円。小人:160円。
営業時間 09:00~21:00
休日 4月~10月 無休、11月~3月 第1・3火曜日
駐車場 6台有
電話番号 01397-3-1130
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 781 604 290*61

温泉ホテル緑館

温泉ホテル緑館は奥尻唯一のホテルであり、北海道最西端のホテルです。1992年に創業しました。浴場には露天風呂が1つ、内湯が1つ、水風呂とサウナが1つづつ。お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、笹色、混濁、塩味、金気臭。浴場内にはシャンプーとボディソープを備えています。脱衣所にはトイレとドライヤーが設置してあります。プールもあります。もちろん宿泊も可能です。敷地内には足湯があり、誰でも無料で利用することができます。

▼建物
奥尻島の神威脇温泉 温泉ホテル緑館
▼足湯
奥尻島の神威脇温泉 温泉ホテル緑館

twitterを見ても人気があることがわかりますね。

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(中性高張性高温泉)
源泉の泉温 63.0℃
ph 6.5
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不明
設備 露天風呂(1)、内湯(2)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:800円。子供:500円。
営業時間 4月下旬~10月下旬 09:00~20:00、11月初旬~4月中旬 11:00~20:00
休日 無休
駐車場 40台有
電話番号 01397-3-2811
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 楽天はこちら
マップコード 781 574 538*82

宿泊施設リスト

神威脇温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

温泉ホテル緑館(Onsen Hotel Midorikan)    
民宿かきざき(Minshuku Kakizaki)      
民宿かさい(Minshuku Kasai)      
Booking.com

北海道のすごい温泉のページはこちら

北海道のすごい温泉

奥尻のページはこちら

奥尻島

Comment

Comment