• 食物
  • Meal
  • Other

北海道のジンギスカン

2014/7/24

北海道の郷土料理と言えば、羊肉と野菜を焼いて食べるジンギスカンが有名です。ジンギスカンには、大きく2つの流れがあります。味付けジンギスカンとタレ別ジンギスカンです。前者は滝川にルーツがあり、後者は札幌月寒にルーツがあります。函館と釧路はタレ別のジンギスカンが多く、空知と道北は味付けジンギスカンが多いそうです。私は両方のやり方で食べますが、どちらもおいしいですね。

▼滝川流
ジンギスカン -松尾ジンギスカン滝川本店-

羊肉にも種類があり、マトン(成羊肉)やラム(仔羊肉)がジンギスカン用のお肉になります。最近は羊肉だけではなく、豚肉や鹿肉もジンギスカンに用いられるようになりました。

▼月寒流
ジンギスカン -さっぽろジンギスカン-

羊肉ジンギスカンをAmazonで見つけました。これがジンギスカン用の肉の標準型です。

鹿肉ジンギスカンをAmazonで見つけました。意外と柔らかくて美味しいんです。

豚肉ジンギスカンをAmazonで見つけました。北海道は豚肉に馴染みがあるので、ジンギスカンになるのも当然のことでしょう。

調理方法ですが、まず鍋を温めます。その後、もやしでジンギスカン鍋を覆います。もやしの上に野菜、肉を置き焼けるのを待ちます。入れる具材は家庭によりまちまちですが、もやし、玉ねぎ、ピーマン、きのこ、アイヌネギ、アスパラ、とうもろこし、豆腐、かぼちゃ、うどんかラーメンを入れる場合が多いのではないでしょうか。

▼ジンギスカンの焼き方

鍋も専用の鍋をジンギスカン鍋と呼びます。中央部分が盛り上がり、溝が入っています。この溝を伝って、肉と野菜のうまみが周りにプールされ、野菜に味を染み渡らせるのです。うどんやラーメンをプールに入れ、旨味を全て吸い取らせて食べるとこれまた美味しいです。

ジンギスカン鍋をAmazonで見つけました。

北海道にはジンギスカンの名店も多く、私が食べに行ったお店をご紹介します。長い行列ができるところも少なくないです。

滝川の松尾ジンギスカン本店
ジンギスカン -松尾ジンギスカン滝川本店-
旭川の大黒屋本店
ジンギスカン -旭川の大黒屋-
札幌のさっぽろジンギスカン本店
ジンギスカン -さっぽろジンギスカン-
札幌のだるま本店
ジンギスカン -札幌のだるま-
札幌の松尾ジンギスカン札幌駅前店
松尾ジンギスカン
帯広の白樺
ジンギスカン -帯広の白樺-
札幌の平和園白石店
ジンギスカン -平和園-

ちなみに私の家の家庭のジンギスカンの焼き方です。煮込みジンギスカンと呼ばれる名寄ではメジャーな食べ方なんですよ。住んでいる場所によって色々な食べ方があると思いますよ。

▼家庭のジンギスカンの焼き方

▼南部鉄器のジンギスカンの鍋
ジンギスカンの鍋
▼一気に食材を投入
ジンギスカン
▼焼くというより蒸す
ジンギスカン
ジンギスカン
名寄の三星食堂のジンギスカン
煮込みジンギスカン -名寄の三星食堂-

Comment

Comment