• イベント
  • FamousSpots
  • Other

北海道各地で開催される冬まつり

2016/4/20

北海道の冬まつり

12月のクリスマスくらいから雪が積もり始め、雪が溶け始める3月下旬まで、北海道は雪で覆い尽くされたホワイトワールドに変身します。雪がシンシンと降り積もり、気温もグングンと低下。そのピークが2月で、その前後にはその雪を楽しむイベントが北海道中で開催されます。私が訪れたのは、札幌雪まつり、旭川冬まつり、層雲峡氷瀑まつり、支笏湖氷濤まつり、十勝川白鳥まつり彩凛華、なよろ雪質日本一フェスティバル、あばしりオホーツク流氷まつり、もんべつ流氷まつり、もんべつ流氷まつりです。その他のイベントも是非体験してみたい。

札幌雪まつり

雪まつりとは、雪像や雪合戦など雪を使って楽しむ雪まつりイベント。北海道各地で行われています。札幌雪まつりは北海道内で一番大きな雪まつりイベントです。1950年に始まりました。開催期間は、2月初旬の1週間程度ですが、その間に230万人近い人たちが訪れるとのこと。メイン会場が大通公園で、つどーむ会場、すすきの会場があります。記事はこちら

▼巨大雪像 北海道新幹線
札幌雪まつり

札幌雪まつり2016の雰囲気を動画で確認できます。

▼札幌雪まつり2016の様子

旭川冬まつり

旭川冬まつりは2月上旬に開催される雪まつりイベント。1960年からスタートし、100万人近い観光客が訪れる北海道2大冬まつりの一つです。会場は2つ。旭橋河畔会場と平和通買物公園会場ではそれぞれ違った趣のイベントが楽しめるというもの。常磐公園に隣接した旭橋河畔会場は巨大な雪像が目玉で、平和通買物公園会場では氷彫刻世界大会が行われ、その作品が展示されています。記事はこちら

▼ウルトラマンギンガストリウムとウルトラマンビクトリー
旭川冬まつり 旭橋河畔会場

旭川冬まつりの雰囲気を動画で確認できます。

▼旭川冬まつりの様子

層雲峡氷瀑まつり

層雲峡氷瀑まつりは、旭川市の東部に位置する上川町層雲峡温泉で開催される冬まつりイベント。1976年から始まり、1月下旬~3月下旬に渡って毎年開催されます。層雲峡の名物とも言えるでしょう。石狩川河畔の1万m2の敷地に、大小30基の氷のオブジェを製作。特に大きな氷像は15m近い高さを誇ります。2015年は氷の城と台湾の龍虎塔をイメージしたとか。これらは石狩川の水を氷点下の中で吹きかけて作るのだそうです。記事はこちら

▼会場の様子
上川 層雲峡氷瀑まつり

層雲峡氷瀑まつりの雰囲気を動画で確認できます。

▼層雲峡氷瀑まつりの様子

支笏湖氷濤まつり

支笏湖氷濤まつりは、札幌市の南部に位置する千歳市支笏湖温泉で開催される冬まつり・イベント。1月下旬~2月中旬に渡って開催されます。会場は山線鉄橋の近く。氷のオブジェが15個ありました。中に入れるオブジェや登れるオブジェ、滑れるオブジェなど楽しみ方も色々。外国の観光客もたくさん訪れ、言葉は通じないながらも、アイススライダーで笑いながらワイワイやっている姿が印象的でした。楽しさは国境を越えますね。記事はこちら

▼会場内の様子
支笏湖氷濤まつり

支笏湖氷濤まつりの雰囲気を動画で確認できます。

▼支笏湖氷濤まつりの様子

十勝川白鳥まつり彩凛華

十勝川白鳥まつり彩凛華は帯広市の北東部に位置する音更町で行われる冬祭りイベント。1992年から始まりました。1月下旬~2月下旬の毎日19:00~21:00に開催されます。開催場所は十勝が丘公園です。たまに天候不良などで中止になることもあるそう。記事はこちら

▼展望台からの眺め
音更の十勝川白鳥まつり彩凛華

十勝川白鳥まつり彩凛華の雰囲気を動画で確認できます。

▼十勝川白鳥まつり彩凛華の様子

なよろ雪質日本一フェスティバル

なよろ雪質日本一フェスティバルは旭川市と稚内市の中間に位置する名寄市で行われる冬祭りイベント。1952年から始まりました。2月中旬の3日間だけ開催されます。2015年は滑り台付きのジバニャンの大雪像と市民が作った小雪像がありました。名寄は自衛隊の町で、大雪像の製作、運営、管理を自衛隊が担います。昔は自衛隊のおじさんに遊んでもらいましたが、今も変わりませんね。子どもたちが滑り台とチューブで楽しそうに遊んでいました。記事はこちら

▼国際雪像彫刻大会
なよろ雪質日本一フェスティバル

なよろ雪質日本一フェスティバルの雰囲気を動画で確認できます。

▼なよろ雪質日本一フェスティバルの様子

あばしりオホーツク流氷まつり

あばしりオホーツク流氷まつりは北見市の北東部に位置する網走市で行われる冬祭りイベント。1966年から始まりました。2月中旬の3日間~4日間だけ開催されます。開催場所は道の駅「流氷街道網走」から歩いて10分くらいの網走商港埠頭特設会場です。ちなみに、道の駅は流氷砕氷船オーロラ2の発着場所でもあり、大変賑わっています。観光バスもたくさんやって来ていました。記事はこちら

▼メイン雪像の網走監獄
あばしりオホーツク流氷まつり

私が見たあばしりオホーツク流氷まつりの雰囲気を動画で確認できます。

▼あばしりオホーツク流氷まつりの様子

もんべつ流氷まつり

もんべつ流氷まつりは旭川市の東部に位置する紋別市で行われる冬祭りイベント。1963年から始まりました。2月中旬の3日間~4日間だけ開催されます。開催場所は海洋交流館の横です。記事はこちら

▼旧函館区公会堂の氷像
もんべつ流氷まつり

もんべつ流氷まつりの雰囲気を動画で確認できます。

▼もんべつ流氷まつりの様子

岩見沢ドカ雪まつり

岩見沢ドカ雪まつりは2月の下旬に岩見沢で行われる雪まつりイベント。豪雪地帯の岩見沢にちなみドカ雪まつりなんですね。岩見沢駅のすぐ横で開催され、大小の雪像が約6基あり、すべて滑り台がついているというもの。敷地が広くないので、そういった特徴が現れたのかもしれません。そのほかには、ソリのコースっぽい変わったレース場がありました。雪像以外は露店が軒を並べ、岩見沢名物のキジ料理が食べられるとか。岩見沢の名物がキジ料理だと恥ずかしながら、ここで初めて知りました。雪像は少ないのですが、イベントが充実しているそうで、人間ばんば競争などが行われるようです。

▼メイン雪像&ステージ
岩見沢ドカ雪まつり

岩見沢ドカ雪まつりの雰囲気を動画で確認できます。

▼岩見沢ドカ雪まつりの様子

入場料 無料
駐車場 有料駐車場あり
営業時間 10:00~19:00 ※日にちによって変更有り
休日 2月下旬~2月上旬
電話番号 0126-22-3470
ホームページ ホームページはこちら

Comment

Comment