• 地域
  • FamousSpots
  • Other

日本で一番最初に見られる北海道の紅葉

2017/11/5

北海道の紅葉

北海道の紅葉は日本で一番早いと言われ、標高の高い大雪山から見頃が始まり、徐々に標高の低い平地に降りてきます。大雪山の旭岳や黒岳では9月中旬に見頃を迎え、順次各地で紅葉の見頃になり、11月上旬には紅葉から落葉に変わります。北海道の紅葉の見どころは広大な大自然や渓谷が紅葉や黄葉する圧倒型と、箱庭のような狭い空間が紅葉や黄葉とフィットする侘び寂び型に分けられると思います。紅葉の名所と言われる場所以外に、普通の山野でも綺麗な紅葉があちこちにあります。

▼白糠の紅葉
北海道の紅葉
▼芽室の紅葉
北海道の紅葉

道南の紅葉

函館近郊では北海道で最も遅い11月上旬まで紅葉が楽しめます。有名な紅葉の名所としては、大沼国定公園・香雪園・恵山・大三坂・五稜郭公園・笹流ダム・雲石峠等が知られています。私は大沼の紅葉だけ見たことがありますが、素晴らしかったです。

▼影になる湖面が鏡面に
七飯の紅葉の大沼

大沼の紅葉

大沼国定公園の中で最も大きい沼である大沼は、北海道有数の紅葉の名所として知られ、駒ヶ岳と大沼に浮かぶ紅葉した島々の組み合わせが素晴らしいです。公園広場を中心に、大きく4つの散策路(大島の路・森の小径・島巡りの路・夕日の道)があります。ちなみに散策路内は自転車での通行が禁止されています。紅葉の見頃は10月下旬~11月中旬。入場無料。駐車場は有料です。記事はこちら

▼湖月橋
七飯の紅葉の大沼

道央の紅葉

道央は北海道の中でも広い地域で、高い山から平地までと様々なシチュエーションが楽しめます。紅葉の時期も地域差があるので、9月下旬~10月下旬と比較的幅広いです。有名な紅葉の名所としては、定山渓・豊平峡・札幌国際スキー場・北海道大学イチョウ並木・大通公園・円山公園・平岡樹芸センター・朝里ダム・野幌森林公園・支笏湖・三階滝公園・洞爺湖・登別温泉地獄谷・ニセコパノラマライン・神仙沼・桂沢湖・青い池・滝の上公園・白扇の滝・五色渓谷等が知られています。私が訪れたのは、定山渓・豊平峡・北海道大学イチョウ並木・大通公園・平岡樹芸センター・登別温泉地獄谷・神仙沼・滝の上公園です。紅葉と黄葉がそれぞれの状況と相まって美しいですよ。

▼素晴らしい!
札幌の北海道大学イチョウ並木の黄葉

定山渓の紅葉

定山渓は温泉地として有名ですが、紅葉の名所としても知られています。定山渓温泉の中心を流れる豊平川に沿って木々が紅葉し、二見公園・二見吊橋・月見橋・定山渓大橋・錦橋・白糸の滝が紅葉の鑑賞地として有名です。温泉街からちょっと離れますが、札幌国際スキー場・定山渓ダム下流園地・さっぽろ湖・豊平峡も紅葉の名所として評判が高いです。紅葉の見頃は9月下旬~10月下旬。場所により見頃も少しずつ異なります。記事はこちら

▼二見吊橋と紅葉
札幌の定山渓の紅葉

豊平峡の紅葉

札幌市の南西部にある豊平峡。札幌の奥座敷と呼ばれる定山渓よりさらに奥地にあります。札幌市内であるにもかかわらず、支笏洞爺国立公園内に位置し、とても自然が豊かです。豊平峡には豊平峡ダムが完成したことで生まれた定山湖があり、紅葉の名所としても知られています。近くには北海道屈指の温泉である豊平峡温泉やコテージを備えた自然の村やオートキャン場があります。さらに豊平峡温泉内にあるOnsen食堂のインドカレーも人気が高いです。記事はこちら

▼岩場の紅葉が見事
札幌の豊平峡ダムと定山湖

さっぽろ湖の紅葉

4つの展望台の中で、最も景色が楽しめるのがさっぽろ湖第一展望台。定山渓ダム・小天狗岳・木挽大橋と新緑や紅葉の組み合わせが美しいです。紅葉の季節にはかなり混み合います。紅葉の見頃は10月上旬から中旬。敷地内には、駐車場・トイレ・ベンチがあります。入場無料。駐車場無料。記事はこちら

▼小天狗岳と紅葉
札幌の定山渓ダムとさっぽろ湖の紅葉

大通公園の紅葉

大通公園は紅葉の名所としても有名です。桜・ケヤキ・ライラック・イチョウ・カエデなど92種4700本近い樹々が植えられています。観光客だけでなく、札幌市民も写真が撮りたくなる場所で、多くの人々がカメラを手に多彩な紅葉や黄葉を楽しむことができますよ。見頃は10月上旬~10月中旬。記事はこちら

▼テレビ塔と紅葉
札幌の大通公園の紅葉

北海道大学イチョウ並木

北海道大学イチョウ並木は札幌駅近くにある黄葉の名所。地下鉄南北線「北12条駅」から徒歩1分ほどの場所にあります。北海道大学は通称北大と呼ばれ、全国的な人気のある大学です。北海道大学の各地に散らばる演習林を含めた敷地の総計は66,000km2で、日本の国土の約1/570に相当するそうです。スゲー広いんです。記事はこちら

▼イチョウ並木
札幌の北海道大学イチョウ並木の黄葉

平岡樹芸センターの紅葉

平岡樹芸センターは、1984年に開園した植物公園。通称みどりーむと呼ばれ、竹澤三次郎氏から土地と樹木を寄贈されて作られました。約3haの敷地内には約3,000本のイチイ、700~800本のヤマモミジ・ノムラモミジ・シダレモミジなどモミジ8種を初め、約100種類・1万本以上の樹木が植えられています。桜と紅葉の名所としても知られ、5月上旬~中旬の桜の季節と10月中旬~11月上旬の紅葉の季節には多くの観光客とカメラマンが訪れます。8月上旬には七夕祭も開催されます。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼紅葉並木
札幌の平岡樹芸センター

滝の上公園の紅葉

滝の上公園は札幌市の南東方面に位置する夕張にある公園。滝上公園と言えば、滝上町の芝ざくら滝上公園が有名ですが、こちらは紅葉の名所として知られています。紅葉の見頃は、10月上旬~中旬。また、10月中旬の土日には紅葉まつりが開催されます。公園の入口近くには、滝の上発電所・駐車場・トイレ・売店があります。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼紅葉と千鳥ヶ滝
夕張の滝の上公園

地獄谷の紅葉

登別温泉の地獄谷は、倶多楽湖の西部にある爆裂火口跡。約1万年前に笠山が噴火したことにより誕生しました。支笏洞爺国立公園内にある約11haの火口跡には、たくさんの温泉湧出口や噴気孔があります。草木の生えない荒れた土地に煮えたぎる熱湯ともうもうと上がる水蒸気が、この世ならざる恐ろしい仏教世界の地獄を想起させたため、地獄谷と名付けられました。登別温泉の代名詞として知られ、地獄谷周辺は紅葉の名所としても有名です。大湯沼と日和山、大湯沼川足湯、地獄谷遊歩道・大湯沼遊歩道・大湯沼第2遊歩道・大湯沼川探勝歩道・船見山遊歩道・船見山第2遊歩道の計6本の遊歩道が紅葉に彩られます。硫黄の香りと紅葉の組み合わせが楽しめます。紅葉の見頃は10月中旬~10月下旬。入場無料。駐車場は500円です。※駐車料金を支払うと、地獄谷の駐車場と大湯沼の駐車場の両方に駐車可能です。記事はこちら

▼鉄泉池に続く木道と紅葉
登別の地獄谷

神仙沼の紅葉

神仙沼は札幌市の西方面に位置するニセコの共和町にある神仙沼湿原最大の沼。標高約770m地点の高地にあります。紅葉が美しいことで知られ、秋には多くの観光客が訪れます。「皆が神、仙人の住みたまう所」という言葉に感銘を受けた日本のボーイスカウトの父と呼ばれる下田豊松氏により神仙沼と名付けられました。北海道道66号沿いの神仙沼駐車場には神仙沼自然休養林休憩所があり、食事や休憩ができます。営業期間は5月下旬~11月上旬。また、神仙沼自然休養林展望台とトイレもありますよ。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼綺麗な紅葉
ニセコの神仙沼湿原と神仙沼

道北の紅葉

北海道北部の紅葉の名所は上川に集中しています。大雪山は日本で最も早く紅葉が訪れると言われ、9月中旬頃から色づき始めます。大雪高原温泉は日本で最も紅葉が美しいとも言われ、層雲峡近辺は紅葉スポットが多いです。有名な紅葉の名所としては、層雲峡・大雪高原温泉・銀泉台・流星の滝と銀河の滝・旭岳・神居古潭・朱鞠内湖・音威子府渓谷などが知られています。私は、層雲峡・大雪高原温泉・銀泉台・流星の滝と銀河の滝・旭岳・神居古潭に訪れましたが、大雪山の紅葉はスケールが半端ないです。

広告

▼高原沼の景色
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

層雲峡の紅葉

層雲峡は旭川市の南東方向に位置する上川町の層雲峡温泉にあり、紅葉の名所として有名です。層雲峡一帯が紅葉に包まれ、特に黒岳から見下ろす景色が美しいですよ。層雲峡温泉の温泉街から黒岳に向けてロープウェイやリフトが設置され、5合目まで登山することなく到達できるのも魅力的ですね。高い位置から眺める山々の光景は絶景と呼ぶに相応しい景色です。紅葉の見頃を迎えるのが9月中旬。神々が遊ぶ庭と呼ばれる大雪山の絶景を見ることが出来るでしょう。ちなみに、この黒岳は冬にはスキー場に変身します。入場料はかかりませんが、ロープウェイを使う場合はロープウェイの料金がかかります。駐車場は無料。記事はこちら

▼ロープウェーからの眺め
上川 層雲峡

大雪高原温泉沼巡りの紅葉

大雪高原沼群は旭川市の南東方向に位置する上川町南部の層雲峡温泉の近くにある高原。標高約1,200~1,500mの地点に大小30の湖沼が点在する日本有数の紅葉の名所として有名です。入口附近は大雪高原温泉と呼ばれ、大雪高原山荘・ヒグマ情報センター・森林パトロール高原事務所・公衆トイレ・駐車場が建ちます。入場無料。駐車場も無料です。9月中旬に紅葉の見頃を迎え、その時期に観光客が多くなります。紅葉ピーク時には車両規制が行われ、レイクサイドからバスを利用しなければなりません。利用料金は片道500円。乗車時間は30分ほど。そして、マイカー規制協力金が200円です。これが駐車料金に相当するのかもしれないですね。10月中旬~6月中旬まで、大雪高原沼群に到る町道大雪高原温泉線は冬季閉鎖されます。記事はこちら

▼枯葉が舞っている
上川の大雪高原温泉沼巡りの紅葉

銀泉台の紅葉

銀泉台は旭川市の南東方向に位置する上川町南部の層雲峡温泉の近くにある赤岳の登山口。標高約1,520mの地点にあります。北海道有数の紅葉の名所として有名です。7月に野花の見頃を迎え、紅葉の見頃を迎えるのが9月中旬。それらの時期に観光客が多くなります。紅葉ピーク時には車両規制が行われ、レイクサイドからバスを利用しなければなりません。利用料金は片道500円。乗車時間は30分ほど。そして、マイカー規制協力金が200円です。これが駐車料金に相当するのかもしれないですね。敷地内には森林パトロール事務所・トイレ・水場・駐車場があります。入場無料。駐車場も無料です。10月中旬~6月下旬まで、銀泉台に到る北海道道1162号は冬季閉鎖されます。記事はこちら

▼油絵のような世界
上川の銀泉台の紅葉

流星の滝と銀河の滝の紅葉

流星の滝と銀河の滝は上川町の層雲峡にある滝。石狩川に沿って連なる柱状節理の山々から流れる落ちる名瀑で、この界隈では最も美しい滝と言われています。日本の滝100選に2つの滝で一つとして選ばれました。大雪国道(国道39号)から少し入った場所に流星の滝と銀河の滝を見ることができる駐車場があり、敷地内には双瀑台・土産店・売店・トイレ・駐車場があります。入場無料。駐車場も無料です。記事はこちら

▼紅葉
層雲峡 流星の滝と銀河の滝

旭岳の紅葉

旭岳は旭川市の南東方面にある東川町の標高2,291mの活火山。大雪山国立公園の表大雪エリアに位置し、大雪山連峰の中で最も高い山であり、北海道の山の中でも最高峰を誇ります。大雪山はアイヌの人々からはカムイミンタラと呼ばれてきました。神々の遊ぶ庭を意味すると言われ、その雄大な景色を見ると神たちの遊び場と例えられるのも納得できることでしょう。しかし、本来の意味はヒグマの生息地を意味するそうで、地元の人からはヒグマの巣と呼ばれるほど熊が多い場所です。旭岳の中腹にある旭岳温泉は層雲峡温泉とともに大雪国立公園の観光拠点で、年間30万人の観光客が訪れる人気の観光スポットです。大雪山系の登山口として登山客にも人気で、登山基地としても使われています。記事はこちら

▼紅葉が見える
東川の旭岳の紅葉

神居古潭の紅葉

神居古潭は旭川市の南西部に位置する景勝地。深川市の中心部と旭川市の中心部の中間くらいにあり、旧神居古潭駅が公園として保存されています。石狩川の蛇行と岩の様子が美しい場所で、紅葉の名所として知られる他、心霊スポットとしても超有名です。敷地内には神居岩・神居大橋・SL・旧神居古潭駅舎・線路の跡地を利用したサイクリングロード・九条武子歌碑・南山商店・2つの駐車場・公衆トイレがあります。標高233mの神居岩には登山することも可能です。所要時間は30~60分。毎年秋分の日にはこたんまつりが開催されます。入場無料。駐車場も無料。また、神居古潭竪穴住居遺跡が近いです。記事はこちら

▼石狩川と紅葉
旭川の神居古潭

道東の紅葉

道東は北海道の中でも広大で、大自然との紅葉の組み合わせが素晴らしい地域です。有名な紅葉の名所としては、知床峠・三国峠・糠平湖・屈斜路湖・阿寒湖・オンネトー・然別湖・ピョウタンの滝・岩内仙峡・能取湖・サロマ湖・コムケ湖が知られています。私は、三国峠・屈斜路湖・阿寒湖・オンネトー・能取湖・サロマ湖・コムケ湖に行ったことがあります。能取湖・サロマ湖・コムケ湖ではサンゴ草の紅葉が見られ、サンゴ草の大きな群生地があるのは、オホーツク海沿岸の北海道東部だけです。

▼黄葉の樹海
上士幌の三国峠

三国峠の黄葉

三国峠は、帯広市の北方面にある上士幌町の標高1139mの峠。上川と十勝を結ぶ国道273号(糠平国道)が大雪山国立公園を南北に横断し、北海道の国道の中で最も高い峠です。周辺には人家が無く、トドマツやエゾマツの樹海が広がります。その樹海が秋には黄葉に覆われ、紅葉の名所として多くの観光客が訪れます。見頃は9月中旬から10月上旬。三国トンネル前には三国峠展望台があり、入場無料。駐車場も無料です。食事が楽しめる三国Cafe・水飲み場・トイレ・駐車場などの施設があります。三国Cafeの営業時間は08:00~17:30で、4月下旬~10月下旬まで営業。少し離れた場所に幌加温泉と糠平温泉がありますよ。記事はこちら

▼松見大橋
上士幌の三国峠

オンネトーの紅葉

オンネトーは紅葉の名所としても知られています。雌阿寒岳と阿寒富士の紅葉とオンネトーの組み合わせも素晴らしいですが、湖面に映る紅葉もなかなかの素晴らしさです。オンネトーの定番である展望デッキとオンネトー野営場からの眺めも美しいですが、居合わせた現地の方によると、展望デッキとオンネトー野営場の中間附近にある駐車場から湖岸に下った場所がベストスポットなんだとか。確かに、雌阿寒岳と阿寒富士の雄大な景色がスゴいです。 見頃は9月下旬~10月中旬記事はこちら

▼オンネトー野営場から見た紅葉
オンネトーの紅葉

阿寒湖の紅葉

阿寒湖畔は紅葉も美しいことで知られています。私は訪れたことはありませんが、特に有名なのが滝口、鶴見橋と太郎湖だそうで、渓流と紅葉の組み合わせが美しいそうです。見頃は10月上旬~中旬。記事はこちら

▼阿寒湖畔展望台から見た阿寒湖畔の紅葉
釧路の阿寒湖

屈斜路湖の紅葉

屈斜路湖は紅葉の名所としても知られています。和琴半島の紅葉が美しい他、道々52号屈斜路摩周湖畔線に沿っての紅葉も素晴らしいそうです。私は見たことがないので、次回伺って見てみたいですね。見頃は10月中旬~下旬。記事はこちら

▼和琴半島の紅葉
弟子屈の屈斜路湖

卯原内のアッケシソウ群生地

卯原内アッケシソウ群生地は網走市の西部に位置する能取湖の南岸にある観光地。日本で一番大きなアッケシソウ群生地として知られ、毎年9月上旬にアッケシソウが紅葉し、湖岸が真っ赤になります。一時期は土壌改良の影響により、絶滅寸前と言われていましたが、現在は見事に復活しました。オホーツク国道(国道238号)から卯原内漁港に到る道沿いの湖岸が群生地として整備されています。入口が分かりづらいので、卯原内アッケシソウ群生地の眼の前にある能取の荘 かがり屋を目印にすると良いでしょう。敷地内には食堂・トイレ・駐車場が建っています。見頃は9月上旬~中旬。入場無料。駐車場も無料です。9月上旬の土日には能取湖さんご草祭りが開催されます。記事はこちら

▼木道がある
網走卯原内のアッケシソウ群生地

サロマ湖のサンゴ草

サロマ湖は北見市・佐呂間町・湧別町にまたがる汽水湖で、琵琶湖と霞ヶ浦に次いで、日本で三番目に大きい湖です。アイヌ語では名前がなく、ただの湖と呼ばれていたとか。牡蠣やホタテなどの魚介類が美味しいことで知られ、適度に塩気を帯びたサロマ湖沿岸にはアッケシソウ群生地がいくつかあります。特に有名なのはキムアネップ崎・ワッカ原生花園・計呂地サンゴ草群生地・サンゴ岬です。見頃は9月中旬~10月上旬記事はこちら

▼赤と緑の絨毯
サロマ湖 サンゴ草

コムケ湖のサンゴ草

コムケ湖は、網走市の北西方面に位置する紋別市の汽水湖。アイヌ語で、曲がった沼という意味です。湖の周囲長は22.7kmで、最大水深は3.8m。大小3つの沼と湖が連なりコムケ湖を形成しています。コムケ湖はほとんど観光地化されておらず、あるがままの自然な景色が美しい場所です。コムケ湖とオホーツク海の間に砂の道があり、道に沿って周辺を観察できます。砂浜に自生してる花も多数あり、ほぼ原生花園と言えるでしょう。未舗装の道路は進入していいのか躊躇してしまいますが、湖に沿って通行可能。ただし、スタックには注意してください。適度に塩気を帯びたコムケ湖沿岸はアッケシソウソウ(サンゴ草)の群生地となっていて、9月上旬には湖岸が赤くなります。自然のままのサンゴ草が見られる貴重な場所と言えるでしょう。入園無料。記事はこちら

▼サンゴ草
紋別のコムケ湖とサンゴ草

Comment

Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください