• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • SouthernArea

天然混浴岩風呂で有名な熊の湯とあわびで有名な平田内荘 -八雲の平田内温泉-

2014/9/7

平田内温泉

平田内温泉は函館市の北西に位置する八雲町熊石の温泉地。野湯の熊の湯と平田内荘があります。平田内荘の近くには熊石青少年旅行村(キャンプ場)がありました。熊の湯に向かうには平田内荘よりさらに4kmほど山に分け入らなければなりません。熊の湯の名のとおり、熊が現れておかしくない場所です。

▼熊石青少年旅行村
平田内温泉 熊石青少年旅行村
▼キャンプ場
平田内温泉 キャンプ場

熊の湯

熊の湯は混浴の野湯。秘湯として有名です。全国各地からキャンパーやライダーの皆さんが訪れます。平田内川の川沿いに岩で作られた湯船1つがあり、脱衣所も近くにあります。

▼道路から見た露天風呂
八雲町熊石の平田内温泉-熊の湯-
▼更衣室
八雲町熊石の平田内温泉-熊の湯-

渓流の脇にある露天風呂は囲いがないので、開放感があり、眺めが良いのが特徴。北海道の自然を楽しみながら入浴できる温泉です。しかも、源泉掛け流しの温泉。かなり熱いので、湯加減はホースから出てくる水を使って、自分で調節する必要があります。入浴前には掛け湯をして、入浴しましょう。

▼まさに岩風呂
八雲町熊石の平田内温泉-熊の湯-
▼岩からお湯が湧出
八雲町熊石の平田内温泉-熊の湯-
▼平田内川
八雲町熊石の平田内温泉-熊の湯-
▼視界を遮るものは何もない
八雲町熊石の平田内温泉-熊の湯-

お湯はナトリウム-塩化物泉で、赤褐色、混濁、塩味、無臭。水着を着用して入浴しても大丈夫です。環境保護のため、石鹸やシャンプーの使用は禁じられています。脱衣所は盗難の危険もあるのか、皆さん風呂の脇に着衣一式を持ってきていました。

熊の湯の雰囲気を動画で確認できます。

▼熊の湯の様子

泉質 ナトリウム-塩化物泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 72℃
ph 7.2
適応症 リウマチ性疾患、神経痛、腰痛、運動機能障害、慢性皮膚病、痔疾、五十肩
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 混浴露天風呂(1)
日帰り入浴料金 無料
営業時間 24時間
休日 12月~04月
駐車場 15台有
電話番号 -
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 718 585 123*22

熊石ひらたない荘

熊石ひらたない荘は温泉旅館。2009年に創業しました。熊石産のアワビが食べられる事で知られています。浴場には、露天風呂が1つ、内湯が1つ、ジャグジーが1つ、水風呂とサウナが1つづつ。お湯はナトリウム-塩化物泉で、淡黄色、微濁、弱塩味、無臭。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のドライヤーも設置されています。宿泊も可能です。

▼建物の外観
八雲町熊石の平田内温泉 熊石ひらたない荘

熊石ひらたない荘の雰囲気を動画で確認できます。

▼熊石ひらたない荘の様子

泉質 ナトリウム-塩化物泉(中性低張性高温泉)
源泉の泉温 55.5℃
ph -
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消化器病、病後回復期、疲労回復、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、冷え性、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(3)、サウナ(1)。男女別の入浴。
日帰り入浴料金 大人:450円。小学生:200円。
営業時間 11:00~22:00
休日 無休
駐車場 100台有
電話番号 01398-2-4126
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 718 466 693*41

宿泊施設リスト

平田内温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

熊石ひらたない荘(Kumaishi Hiratanaiso)
Booking
熊石青少年旅行村(Kumaishi Youth Village)
Booking
じゃらん
楽天

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

Comment

Comment