• 地域
  • FamousSpots
  • CentralArea

笑顔溢れる日本三大がっかりスポット -札幌の時計台-

2017/7/11

札幌市時計台は、札幌市中央区にある歴史建築。正式名称は「旧札幌農学校演武場」です。1878年に建てられました。国の重要文化財に指定されています。札幌農学校とは、北海道大学の前身です。初代教頭はクラーク博士。北海道で最も有名な外国人の一人です。「Boys, be ambitious」と言えば、クラーク博士しか思い浮かばないほど北海道民に浸透しています。また、日本三大がっかりスポットの一つとしても知られ、建物が大きなビルに囲まれていて、雄大な北海道感が少ないのがその理由のようです。もちろん、期待値を調整していけばガッカリすることはありません。新宿の高層ビル群の中に地上げされずに残っている高さ約20mの1軒屋が、国の重要文化財なんだという体で、観光しに来てください。写真を撮影している観光客は笑顔の人が多いので、本当はウキウキスポットなのかもしれませんよ。入場料は200円。また、夏には市役所の屋上から時計台を眺められるので、そちらもなかなか面白いですよ。市役所は入場無料です。

▼札幌市時計台
札幌市時計台
▼札幌市時計台入口
札幌の時計台
▼写真台
札幌の時計台
▼写真台からの眺め
札幌の時計台
▼人が集まっている
札幌の時計台
▼上からの様子
札幌の時計台

札幌市時計台の1階には、当時の資料が展示されていて、時計台周辺の様子が模型で再現されています。2階には、時計台ホールがあり、キリスト教の教会ような雰囲気。ここではコンサートも開かれるようです。また、2階に時計台の動力も展示されています。1900年代初期のハワード社が製作したそう。からくり時計のような雰囲気がいいですね。こちらと同型の時計が1881年に時計台の時計として設置され、現在も活躍しているそうです。

▼札幌市時計台の模型
札幌の時計台
▼札幌市時計台ホール
札幌の時計台
▼札幌市時計台ホール
札幌の時計台
▼札幌市時計台ホール
札幌市時計台
▼製造番号3867の時計
札幌の時計台
▼製造番号3867の時計
札幌市時計台

札幌市時計台の雰囲気を動画で確認できます。

▼札幌市時計台の様子

入場料 大人:200円。小人:無料。
駐車場
営業時間 08:45~17:10
休日 年始
電話番号 011-231-0838
ホームページ ホームページはこちら

宿泊施設

札幌周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。

Booking.com

札幌についてのページはこちら

札幌

Comment

Comment