• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

【標茶のオーロラ温泉】日帰り温泉と新鮮なモール泉が楽しめるオーロラファームヴィレッジ

2016/9/15

オーロラ温泉

オーロラ温泉は釧路市の北部にある標茶町の温泉地。鶴居国道(国道274号)から1.5kmほど砂利道を走った山の中にオーロラファームヴィレッジがあります。周りには何もなく、釧路湿原の北端に接している大自然に囲まれた自然体験村です。総面積991,735.537m2の敷地内には、センターハウス・温泉施設・コテージ・キャンプ場・展望台などの宿泊施設やレジャー施設が建てられています。道外の観光客に人気があるのもわかるほど自然豊かで、山まるごとオーロラファームヴィレッジといった感じです。オーロラファームヴィレッジの周辺には、釧路湿原・900草原・多和平キャンプ場があります。入り口にあるゲートは20時に閉鎖されるので、気をつけてください。

▼オーロラ温泉の入口
標茶のオーロラ温泉
▼1.5キロほど砂利道を走る
標茶のオーロラ温泉

オーロラ温泉は1997年に温泉の掘削に成功し、アルカリ性単純泉のモール泉が湧出しています。モール泉とは、泥炭や亜炭層から湧き出る褐色の温泉で、植物起源の有機質を多く含み、ツルツルした触感があり、肌にも良いので、美人の湯とも言われます。普通の温泉の泉質とは別次元のもので、腐植質を含有しているとモール泉と呼ばれるようです。

▼夕日の丘
標茶のオーロラ温泉
▼いい眺め
標茶のオーロラ温泉
▼夕日の丘会員専用コテージ
標茶のオーロラ温泉
▼コテージやロッジ
標茶のオーロラ温泉

釧路湿原国立公園

釧路湿原国立公園は年間50万人が訪れる北海道東部の定番観光地。18,290haの湿原で、日本の湿地の中で最大の広さを持ちます。1980年にラムサール条約に登録されて、開発が厳しく制限されました。珍しい動植物も多く、丹頂鶴を始め、北海道に100羽しかいないシマフクロウ、氷河期の遺存種のイイジマルリボシヤンマ、幻の魚と言われるイトウ、氷河期の遺存種のクシロハナシノブ、ツルコケモモ、ヤチボウズなどが確認されています。記事はこちら

▼釧路湿原
釧路湿原

900草原

900草原は弟子屈の南部にある町営の牧場。930haの敷地面積に約2000頭の牛が飼育されています。900草原とは面積にちなんで名付けられました。goo草原にも見えますが、正しくは900です。北海道らしい雄大な景色が眺められることで知られ、緑草原と青空のコントラストに心地よい気分を味わえるでしょう。丘の頂上には、展望館・展望台・レストハウス・トイレ・駐車場があり、そのまわりにはパークゴルフ場もあります。入場料無料。駐車場無料。記事はこちら

▼牧場の景色
弟子屈の900草原

多和平展望台

多和平展望台は、釧路の北東部に位置する標茶のビュースポット。標高195mの丘の上にあります。北海道らしい雄大な眺望が楽しめる場所として人気です。敷地内には、多和平展望台、多和平キャンプ場、グリーンヒル多和、駐車場、トイレがあります。緑に覆われた多和平キャンプ場は特にライダーを中心に人気。グリーンヒル多和には売店とレストランが併設されています。入場料無料。駐車場無料。記事はこちら

▼多和平展望台
標茶の多和平展望台

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは、オーロラファームヴィレッジです。

オーロラファームヴィレッジ

オーロラ温泉はオーロラファームヴィレッジの施設の1つ。源泉掛け流しのモール泉が楽しめることでも知られ、温泉好きの方なら一度は訪れたい場所とも言えるでしょう。宿泊も可能です。センターハウスには食堂が併設してあり、日帰り入浴客も食事を楽しむこともできます。

▼受付兼食堂のセンターハウス
標茶のオーロラ温泉

まずは、受付があるセンターハウスで入浴料500円を払います。温泉場には車で移動。宿泊者はカート車を自由に使えるそうです。そこから200mほど離れた所が温泉施設で、3つの温泉の小屋が並びます。混浴露天風呂の小屋、男性専用浴場の小屋、女性専用浴場の小屋です。手作り感のある佇まいが秘湯感を醸し出しています。

▼浴場に続く200mほどの砂利道
標茶のオーロラ温泉
▼駐車場
標茶のオーロラ温泉

まずは混浴露天風呂から入浴。混浴露天浴場には、混浴露天風呂が1つ。屋根が半分開いた状態の木材に囲まれた浴室で、露天風呂は6人くらいが入浴できそうな大きさです。目の前には森が広がり、鳥のさえずりと温泉のせせらぎが心地よいです。北の国からを思わせる建物で、秘密基地のような雰囲気が楽しめますね。ちなみに、更衣室は男女別に分かれています。

▼混浴露天風呂の浴場
標茶のオーロラ温泉
▼男性用更衣室
標茶のオーロラ温泉
▼混浴露天風呂
標茶のオーロラ温泉
▼混浴露天風呂の様子
標茶のオーロラ温泉
▼お湯が湧出している
標茶のオーロラ温泉
▼露天風呂からの眺め
標茶のオーロラ温泉
▼露天風呂からの眺め
標茶のオーロラ温泉
▼混浴露天風呂の様子
標茶のオーロラ温泉
▼トンボも来た
標茶のオーロラ温泉
▼屋根も開放中
標茶のオーロラ温泉
▼入口は男女別
標茶のオーロラ温泉

続いて、男性専用浴場へ移動。服を来て移動します。男性専用浴場には内風呂が1つと露天風呂が2つ。内湯は2人が入浴できそう大きさです。岩で出来た内風呂が一番熱く、お湯がどんどん溢れていく様が楽しめます。凍結防止のため、シャワーは出しっぱなしで、お風呂の中に入れられているのも面白いですね。密閉されているので、モール臭も存分に楽しめます。

▼男女別浴場
標茶のオーロラ温泉
▼温泉大好きの蛇。でも壁でブロック
標茶のオーロラ温泉
▼男性用更衣室
標茶のオーロラ温泉
▼内湯
標茶のオーロラ温泉
▼内湯からの眺め
標茶のオーロラ温泉
▼ツルツルのモール泉
標茶のオーロラ温泉
▼お湯が湧出
標茶のオーロラ温泉
▼掛け流されている
標茶のオーロラ温泉
▼排出口がプールになっている
標茶のオーロラ温泉
▼凍結防止でシャワーは出しっぱなし
標茶のオーロラ温泉
▼浴場の様子
標茶のオーロラ温泉

男性専用浴場の隣に露天風呂があり、裸のままで移動することが可能。露天風呂はともに2人が入浴できそうな大きさです。開放感抜群で、森の景色を眺めたり、雲の流れを楽しんだり、とてもリラックスできる場所ですよ。これは気持ち良いですね。夜は星空が綺麗そうだ。

▼男性用露天風呂
標茶のオーロラ温泉
▼露天風呂
標茶のオーロラ温泉
▼お湯が湧出
標茶のオーロラ温泉
▼露天風呂からの眺め
標茶のオーロラ温泉
▼露天風呂専用の入口
標茶のオーロラ温泉
▼露天風呂
標茶のオーロラ温泉
▼お湯が湧出
標茶のオーロラ温泉
▼茶褐色のお湯
標茶のオーロラ温泉
▼露天風呂専用の脱衣場所
標茶のオーロラ温泉
▼屋根はない
標茶のオーロラ温泉

お湯はアルカリ性単純泉のモール泉で、褐色、透明、無味、モール臭。とてもツルツルした触感です。温泉成分の総計は0.260g/kg。残念ながら、保健所の許可を得ていないので、飲泉できません。浴場にはシャンプーやリンスは備え付けられていないので、持参する必要があります。トイレは男女専用浴場には設置されています。ドライヤーはありません。そうそう、犬専用風呂というのもありましたよ。

▼犬専用露天風呂
標茶のオーロラ温泉

オーロラ温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼オーロラ温泉の様子

泉質 アルカリ性単純泉(アルカリ性低張性高温泉)
源泉の泉温 43.6℃
ph 9.4
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲用不可
設備 混浴露天風呂(1)、露天風呂(2)、内湯(1)、犬用露天風呂(1)。
日帰り入浴料金 大人:500円。小人:250円。
営業時間 10:00~19:30
休日 火曜日、冬季休業
駐車場 10台有
電話番号 015-488-4588
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 462 258 653*82

宿泊施設リスト

オーロラ温泉の宿泊施設は以下を参考にしてください。

オーロラファームビレッジ(Aurora Farm Village) 電話:015-488-4588

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

Comment

Comment

  1. good! hokkaido! より:

    こんにちは、釧路さん!
    どうなんですかね。残念ながら私はわからないです。

    ネットを探してみたのですが、
    夕陽の丘会員のなり方もひっかからなかったので、
    以前の会員制時代のなごりなのかもしれません。

    直接お電話で確認した方が早いかもしれませんよ。

  2. 釧路 あけみ より:

    初めまして、会員専用コテージは
    一般には使用できないかと思いますが
    空いているときに宿泊はできないので
    しょうか? いつも気になっていました。

Comment