• 温泉
  • Little-KnownGoodSpots
  • EasternArea

野性味あふれる日本最東端の温泉 -知床半島羅臼の相泊温泉-

2014/7/12

相泊温泉は知床半島の羅臼町にある日本最東端の温泉地。1899年に発見されました。地元の漁師が利用する共同浴場ですが、海岸にある野性味あふれる野湯として沢山の観光客が訪れる温泉として有名です。シケの時にはお風呂が埋没するとか。自然のなすがままなのが、スゴイところです。

▼温泉の入口
羅臼にある相泊温泉
▼夏にはブルーシートに覆われ、男女別の入浴になる
羅臼にある相泊温泉
▼夏の様子
羅臼にある相泊温泉

浴場には湯船が1つ。湯船の底から温泉が湧きだしています。開放当初は男女混浴の露天風呂ですが、7月頃に小屋が建てられ、男女別の浴場に変更されます。

▼露天風呂の様子
羅臼にある相泊温泉
▼露天風呂の様子
羅臼にある相泊温泉
▼露天風呂からの眺め
羅臼にある相泊温泉

お湯は食塩泉で、無色、透明、無味、無臭。塩っぱいかと思ったらそうではありませんでした。シャワーやアメニティなどの設備はないので、事前に掛け湯をして、汗や汚れを落としてから入浴しましょう。また、水着を着用して入浴しても大丈夫です。但し、更衣室はありません。トイレはあります。

▼トイレ
羅臼にある相泊温泉

私が入浴した相泊温泉の雰囲気を動画で確認できます。

▼相泊温泉の様子

泉質 食塩泉(中性高温泉)
源泉の泉温 75℃
ph 6.1
適応症 きりきず、ぢ病、やけど、神経痛、腰痛、慢性リューマチ、慢性皮膚病、貧血病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患、妊娠中(とくに初期と末期)
飲用による適応症 飲用不可
設備 露天風呂(1)
日帰り入浴料金 無料
営業時間 日の出~日の入り
休日 10月~4月
駐車場 6台有
電話番号 0153-87-2126
ホームページ ホームページはこちら
マップコード 974 353 767*37

宿泊施設リスト

知床半島の南側の宿泊施設は以下を参考にしてください。

らうす第一ホテル(Rausu Daiichi Hotel)  
ホテル峰の湯(Hotel Mine-no-Yu)    
羅臼の宿 まるみ(Rausu-no-Yado Marumi)    
ホテル栄屋(Hotel Sakaeya)    
ビジネスホテル漁火(Business Hotel Isaribi)      
ペンションラウスクル(Pension Rausukl)      
高島屋旅館(Takashimaya Ryokan)      
千島屋旅館(Chishimaya Ryokan)      
民宿本間(Minshuku Honma)      
民宿野むら(Minshuku Nomura)      
民宿よね丸(Minshuku Yonemaru)      
民宿かんなり(Minshuku Kannari)      
民宿鷲の宿(Minshuku Washi-no-Yado)      
民宿いっぷくどうぞ(Minshuku Ippukudozo)      
ライダーハウス お気軽屋(Rider House Okigaruya)      
Booking.com

北海道の秘湯・野湯のページはこちら

北海道の秘湯・野湯

知床国立公園のページはこちら

知床国立公園

Comment

Comment