• 温泉
  • TouristSpots
  • EasternArea

【網走の網走湖畔温泉】日帰り温泉と網走湖が楽しめる温泉地

2014/3/6

網走湖畔温泉

網走湖畔温泉は網走市の南側に位置し、網走湖に面した温泉地。1981年にホテル網走湖荘が温泉の掘削に成功し、温泉地として名前が知られるようになりました。網走湖の北東部側の北見国道(国道39号)沿いに4軒の温泉宿が約3kmに渡って点在しています。沿道沿いには呼人浦キャンプ場・カフェ・雑貨店・呼人水芭蕉林などがあり、リスの森・そば切り 温・cafe&cake 風花が人気です。コンビニはないですよ。

▼網走湖とオホーツク海
網走 オホーツク流氷館

網走湖畔温泉周辺の観光地としては、卯原内のサンゴ草・大曲湖畔園地のコスモスとひまわり・博物館 網走監獄・天都山展望台・女満別湿生植物群落が有名です。網走湖周辺では春になると見応えのある水芭蕉の群生地が現れ、夏にはカヌー、冬にはワカサギ釣り・スノーシュー・バードウォッチングが楽しめます。イベントについては、日本一網走湖ワカサギ釣り選手権大会が冬に開催されます。残念ながら、直通バスはありません。幾つかのホテルでは、網走駅と網走湖畔温泉の間で送迎バスが走っています。

▼オホーツク流氷館
網走 オホーツク流氷館

呼人水芭蕉群落

網走呼人水芭蕉群落は国道39線沿いに点在する52ha湿地の総称。国内最大級の規模を誇るそうです。4月上旬~中旬にかけて、森林が雪解け水で湿地になり、無数の水芭蕉が花開きます。総延長7kmの呼人探鳥遊歩道沿いに鑑賞も可能。私が訪れたのは呼人駅の近くの雑木林で、呼人水芭蕉・ホタル保全林と書かれた看板が目印です。確かにこの光景は壮観ですね。国道沿いを走っていて、思わず車を停める観光客も多かったですよ。ちなみに、観光地化されていないので、駐車場やトイレなどの施設はありません。記事はこちら

▼スゴい数
網走呼人水芭蕉群落

大曲湖畔園地

大曲湖畔園地は、網走湖湖畔にある網走刑務所の旧農場跡地。網走湖の北側にあり、現在は観光農園として整備されています。市民や観光客が楽しめる農作物の収穫体験やバードウォッチングができ、ひまわりやコスモスが咲き誇ることでも有名です。ひまわりは、18haの土地に150万本が植えられているそうで、9月下旬に見頃を迎えます。私はまだ見たことがないので、ぜひ見てみたいですね。私が訪れた時は、ちょうどコスモスが花盛りの時でした。約1.3haの土地に植えられたコスモスは9月中旬に見頃を迎えます。色とりどりのコスモスがとてもキレイです。トイレと駐車場以外には、特にありません。入場無料。駐車場無料。記事はこちら

▼コスモスの小径
網走の大曲湖畔園地

網走監獄

博物館網走監獄は網走を代表する人気観光地。1983年に開館しました。年間20万人近い観光客が訪れます。数々の映画や小説の舞台となった旧網走刑務所の建築物が、169,264m2の広々とした土地に移築されたり、再建されたりして、復元されました。全部で38の建築物があり、その内4つが国の重要文化財に指定されています。また、囚人や看守の蝋人形もリアルなだけあって、不気味。沈痛な表情やたまに動くなどの仕掛けに鳥肌が経ちますよ。無料ガイドツアーもあり、行かなきゃわからない空気感があるので、ぜひ行ってみてください。記事はこちら

▼舎房の様子
網走の網走監獄

卯原内のアッケシソウ群生地

能取湖の南側にある卯原内のアッケシソウ群生地。日本で一番大きなアッケシソウ群生地として知られています。一時期は絶滅寸前と言われましたが、現在は復活しました。毎年9月上旬に湖面が真っ赤になります。敷地内には食堂とトイレがあります。見頃は9月上旬~中旬。入場無料。駐車場無料です。記事はこちら

▼卯原内園地
網走卯原内のアッケシソウ群生地

能取岬

網走市にある能取岬。近くに能取湖があります。50mの断崖絶壁の上に能取岬灯台とオホーツクの塔というモニュメントが建ち、それ以外に目立つものは何もありません。一面の緑と青いオホーツク海が広がり、開放感が抜群です。オホーツクの塔というモニュメントが少し離れた場所にあり、約10分くらいかかります。記事はこちら

▼流氷が広がる
網走の能取岬冬

女満別湿生植物群落

女満別湿生植物群落は網走湖畔にあり、水芭蕉の大繁殖地があることで有名です。ヤチダモとヤチハンノキを主とした広葉樹林が56haに渡って湿地となりました。天然記念物にも指定されています。5月中旬~下旬かけて開花するそうですが、2015年は4月下旬に開花していました。散策路はそれほど広くなく、20分ほどで見て回ることが可能。ただし、湿地なので、汚れても良い靴を履いていった方がよいでしょう。木道以外の設備は何もありません。入場料と駐車場は無料です。また、近くには女満別温泉があります。記事はこちら

▼水芭蕉が5分咲き
女満別湿生植物群落 水芭蕉

リスの森

リスの森は、網走市呼人にある人気手作りジェラート店。1998年に開業しました。国道39号線沿いにあり、網走駅からは遠く、網走湖畔温泉からは比較的近いです。北海道産の食材を使い、10種類の糖で味を調整する絶妙のジェラートをイタリアで修行した職人が現地と同じ設備で創ります。主原料である牛乳は網走にある中西純情牧場のものを使用。北海道産や網走産食材にこだわっているのも人気の秘密のようです。メニューは60種類近くあり、店頭には日替わりで約12種類のジェラートが並びます。記事はこちら

▼ピスタチオ、ミルク、ヘーゲルナッツのトリプル
ジェラート -網走のリスの森-

日帰り温泉リスト

日帰り入浴できるのは、温泉旅館もとよし・ホテル網走湖荘・網走観光ホテル・北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾートです。一方で、周辺にある宿泊専用の宿は、オーベルジュ 北の暖暖・天都の郷 ホテル本陣網走湖・ペンション わにの家・ホテル一休・ビジネスホテル幸楽・呼人旅館があります。

▼夕日
オホーツク流氷館 網走

温泉旅館もとよし

温泉旅館もとよしは1976年に開業した小規模温泉旅館。入浴料は400円です。ちなみに別館には鉄道ファンが集う「鉄ちゃんと鉄子の宿」がありました。

▼建物の外観
温泉旅館もとよし 網走湖畔温泉
▼別館「鉄ちゃんと鉄子の宿」
温泉旅館もとよし 網走湖畔温泉
▼浴場の入口
温泉旅館もとよし 網走湖畔温泉

浴場には内湯が1つ。8人くらいが入浴できそうな大きさです。浴槽から贅沢にお湯が掛け流されています。ざぶーんさせると排出口にお湯がかなりたまるので、それを見ているだけでも面白いです。お湯は冷鉱泉で、無色、透明、無味、無臭。温泉成分の総計は0.237g/kg。phが8.9と高く、ツルツルした触感がスゴいです。残念ながら保健所の許可を得ていないので、温泉を飲むことができません。お湯は加温されています。

▼浴場の様子
温泉旅館もとよし 網走湖畔温泉
▼温泉湧出口
温泉旅館もとよし 網走湖畔温泉
▼掛け流しの温泉が溢れている
温泉旅館もとよし 網走湖畔温泉
▼無色透明なお湯
温泉旅館もとよし 網走湖畔温泉
▼内湯から見た浴場
温泉旅館もとよし 網走湖畔温泉
▼水分補給もできる
温泉旅館もとよし 網走湖畔温泉

浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレがないので、事前に廊下にあるトイレで用を足した方がよいでしょう。宿泊も可能です。

▼脱衣所
温泉旅館もとよし 網走湖畔温泉

私の入浴した温泉旅館もとよしの雰囲気を動画で確認できます。

▼温泉旅館もとよしの様子

泉質 冷鉱泉(アルカリ性低張性冷鉱泉)
源泉の泉温 23℃
ph 8.9
適応症 -
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲泉不可
設備 内湯(1)。男女別の入浴
日帰り入浴料金 大人:400円。小学生:200円。幼児:150円。
営業時間 12:00~21:30
休日 無休
駐車場 10台有
電話番号 0152-48-2241
ホームページ ホームページはこちら
宿泊予約 じゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 305 521 539*84

ホテル網走湖荘

ホテル網走湖荘は1947年に創業した大型老舗温泉ホテル。網走湖畔温泉で最も歴史ある温泉宿で、自家源泉を所有しています。本館・中央館・南館と3つある建物は網走湖のレイクサイドに建ち、日帰り入浴の入口はホテルの裏側にあります。日帰り入浴料は500円です。宿泊も可能です。

▼建物の外観
阿寒湖畔温泉 ホテル網走湖荘
▼日帰り入浴者用入口
阿寒湖畔温泉 ホテル網走湖荘
▼ロビー
阿寒湖畔温泉 ホテル網走湖荘
▼浴場入口
阿寒湖畔温泉 ホテル網走湖荘
▼休憩場所
阿寒湖畔温泉 ホテル網走湖荘

中央館2階にある大浴場「火口原」には、男性浴場の「彦星の湯」と女性浴場の「織姫の湯」があり、なかなかの大きさ。広い空間が気持ち良いです。露天風呂が1つ、内湯が3つ、水風呂とサウナが1つづつあります。内湯は温度が違い、40度の内湯はとても大きく30人くらいが入浴できそうな大きさ。41度と42度の内湯はそれぞれ10人くらいが入浴できそうです。私が平日の13時に訪れた時は、地元の方が10人くらいいました。500円でこの大空間の温泉にはいれるのですから、それは来たくなりますね。

▼大浴場(出典:ホテル網走湖荘 HP
阿寒湖畔温泉 ホテル網走湖荘

男湯の露天風呂は乙姫の湯と言い、女湯は天女の湯と名付けれられています。5人くらいが入浴できそうな大きさの岩風呂です。屋根があって、目隠し屏に囲まれているので、残念ながら開放感はあまり感じられません。でも、冷たい空気が気持ちよく、長風呂できます。

▼露天風呂(出典:ホテル網走湖荘 HP
阿寒湖畔温泉 ホテル網走湖荘

お湯はナトリウム-塩化物泉で、無色、微濁、弱塩辛い味、無臭。なんとなく柔らかな触感です。温泉成分の総計は、9.074g/kg。残念ながら飲泉はできません。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のヘアードライヤーが設置されています。

▼脱衣所
阿寒湖畔温泉 ホテル網走湖荘

網走湖荘の雰囲気を動画で確認できます。

▼網走湖荘の様子

泉質 単純泉(弱アルカリ性等張性温泉)
泉温 41.1℃
ph 8.3
適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、疲労回復、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、やけど
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 慢性消化器病、慢性便秘
飲用による禁忌症 腎臓病、高血圧症、その他一般にむくみのあるもの
設備 露天風呂(1)、内湯(4)、サウナ(1)。男女別の入浴。貸し切り風呂あり。※事前予約が必要。
日帰り入浴料金 大人:500円。子供:200円。
営業時間 13:00~23:00
休日 無休
駐車場 100台有
電話番号 0152-48-2311
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 305 521 560*32

天都の宿 網走観光ホテル

天都の宿 網走観光ホテルは1962年に開業した大型老舗温泉ホテル。小高い丘の斜面に建ち、網走湖を眺望できることで知られています。BBHホテルグループが経営しています。網走レイクビュースキー場と博物館網走監獄が近いです。日帰り入浴料は700円。宿泊も可能です。

▼建物の外観
網走観光ホテル

浴場には露天風呂が1つ、内湯が2つ、水風呂とサウナが1つづつ。お湯はナトリウム・カルシウム-塩化物泉で、無色、透明、弱塩辛い味、無臭。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のヘアードライヤーが設置されています。

▼大浴場(出典:網走観光ホテル HP
網走観光ホテル
▼露天風呂(出典:網走観光ホテル HP
網走観光ホテル

網走観光ホテルの雰囲気を動画で確認できます。

▼網走観光ホテルの様子

泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(高温泉)
源泉の泉温 49.6℃
ph -
適応症 神経痛、リウマチ、腰痛、冷え症、筋肉痛、関節痛、動脈硬化症、運動機能障害、疲労回復、婦人病、更年期、五十肩、運動麻痺、打ち身、くじき、皮膚病
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 不明
設備 露天風呂(1)、内湯(2)、サウナ(1)。男女別の入浴
日帰り入浴料金 大人:700円。子供:350円。
営業時間 平日:14:00~19:00、土日祝:12:00~19:00
休日 無休
駐車場 80台有
電話番号 0152-48-2121
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 305 552 734*06

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾートは2007年に開業した大型リゾートホテル。呼人半島の付け根の小高い丘の上に建ち、鶴雅グループが経営しています。ハイクラス温泉宿として人気があり、フレンドリーな接客が評判です。宿泊が可能で、愛犬と宿泊できる部屋も用意しています。ホテルのコンセプトは古代オホーツク人で、内装の造りもコンセプトに沿ったものになっています。日帰り入浴料は1200円。ランチバイキング付きのプランも2300円で提供しています。

▼建物の外観
北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート
▼エントランス(出典:北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート HP
北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート

1階に大浴場「北天坐忘の湯」があり、男性浴場はという名前で、女性浴場は白鳥という名前です。浴場には露天風呂が1つ、内湯が1つ、水風呂とサウナが1つづつ。自家源泉を所有し、お湯は単純泉で、無色、透明、無味、無臭。浴場にはシャンプーとボディソープは備え付けられています。脱衣所にはトイレと無料のヘアードライヤーが設置されています。湯上がりラウンジ坐忘で、休憩することも可能です。

▼大浴場(出典:北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート HP
北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート
▼露天風呂(出典:北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート HP
北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート
▼湯上がりラウンジ坐忘(出典:北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート HP
北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾート

北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾートの雰囲気を動画で確認できます。

▼北天の丘 あばしり湖鶴雅リゾートの様子

泉質 単純温泉(アルカリ性低張性低温泉)
泉温 25.2℃
ph 8.6
適応症 神経痛、リュウマチ、痔、病後回復、ストレス解消、運動機能障害、関節痛、筋肉痛、五十肩、消化器、神経痛、打ち身、冷え性
禁忌症 急性疾患(とくに熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性の疾患、高度の貧血、その他一般に病勢進行中の疾患
飲用による適応症 飲泉不可
設備 露天風呂(1)、内湯(2)、サウナ(1)、岩盤浴(1)。男女別の入浴
日帰り入浴料金 大人:1200円。小学生:600円。4歳~小学生:300円。4歳未満:無料。
営業時間 平日:14:00~22:00、土日祝:12:00~22:00
休日 無休
駐車場 100台有
電話番号 0152-48-3211
ホームページ ホテルのホームページはこちら
宿泊予約 Booking.comはこちらじゃらんはこちら楽天はこちら
マップコード 305 490 144*22

宿泊施設リスト

網走湖畔温泉周辺の宿泊施設は以下を参考にしてください。

温泉旅館もとよし(Onsen Ryokan Motoyoshi)
Booking
網走観光ホテル(Abashiri Kanko Hotel)
北天の丘 あばしり湖 鶴雅リゾート(Hokuten-no-Oka Abashiriko Tsuruga Resort)
ホテル網走湖荘(Hotel Abashirikoso)
オーベルジュ 北の暖暖(Auberge Kita-no-Dan-Dan)
天都の郷 ホテル本陣網走湖(Tento-no-Sato Hotel Honjin Abashiriko)
ペンション わにの家(Pension Wani-no-Ie)
Booking.com

網走のページはこちら

網走

Comment

Comment